こころ 芥川 龍之介

こころ 芥川 龍之介

こころ 芥川 龍之介



 · 【作品紹介】 天草の城での動乱。ト書きのように淡々と描かれる情景が面白い。 「おやすみ前の朗読ノオト」 ツイキャス、という配信サービス ...

底本:「芥川龍之介全集5」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年2月24日第1刷発行 1995(平成7)年4月10日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

 · 【朗読】夏目漱石『こころ』上 - Duration: 3:37:30. ... 芥川龍之介 或阿呆の一生 橋爪功 - Duration: 58:53.

底本: 芥川龍之介全集 第一巻: 出版社: 岩波書店: 初版発行日: 1995(平成7)年11月8日

芥川龍之介と言えば、『鼻』、『地獄変』、『杜子春』、『芋粥』、『羅生門』、『蜘蛛の糸』などなど王朝物を初期に書いており、要するに元ネタがあった作家なのですが、そこから脱却した最初の作品が『秋』です。 後年、生活と離れた芸術至上主義、また神経衰弱に悩まされていきます ...

大正時代を代表する文豪・芥川龍之介(1892-1927)。「羅生門」「蜘蛛の糸」を始めとする短編小説の名手として知られる彼は、春陽堂の歴史を語る上で外せない作家の一人である。看板文芸雑誌『新小説』に25編もの小説・随筆を寄稿しているだけでなく、一時期は菊池寛と共に編集顧問も務め ...

芥川龍之介のこころに残る名作『白』の絵本です。 第3回絵本出版賞審査員特別賞受賞作品 【あらすじ】 牛乳のように体が真っ白な犬の「しろ」。 自分の命おしさに、とっさに友人を見捨てて逃げてし …

注) 1. 上記の旋頭歌25首「越びと」の本文は、『芥川龍之介全集』第9巻(岩波書店、 1978年4月24日第1刷発行・1983年1月20日第2刷発行)によりました。

芥川龍之介著「蜜柑」。不条理だらけのこの世の中で、娘の弟思いの心が蜜柑の鮮やかな色に写される世界に、心の平穏をとりもどす美しい作品です。 ※芥川龍之介のおすすめ! 芥川龍之介『羅生門』あらすじ|悪を正当化するとき、人は真の悪人になる。

こころ 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ こころ 芥川 龍之介

Read more about こころ 芥川 龍之介.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Gossip: letting the chat out of the bag.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
A cheerful friend is like a sunny day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu