アルゴン 安部公房

アルゴン 安部公房

アルゴン 安部公房



『壁』(かべ)は、安部公房の中編・短編集。「s・カルマ氏の犯罪」「バベルの塔の狸」「赤い繭」(「洪水」「魔法のチョーク」「事業」)の3部(6編)からなるオムニバス形式の作品集である。 1951年(昭和26年)5月28日に石川淳の序文を添えて月曜書房より刊行された。

安部公房 ~バロック音楽と映像による朗読会 『魔法のチョーク』 「アルゴン――すなわち、Ar。空気中に約一パーセント含まれている、一原子一分子、原子価0の稀元素であり、無味無臭、沸点低く、化学的に不活性。 現代の芸術は、芸術そのものの自己否定からしか成立ちえないのだ。

安部公房 あべ・こうぼう 1924-1993 東京出身。本名・公房(きみふさ)。東京大学医学部卒業後、1951年、『壁――S・カルマ氏の犯罪』で芥川賞受賞。実験的な作風で世界的に人気を博し、劇作家、演出家としても高く評価された。

部屋の整理をしていたところで、いくつかの小説にまじって出てきたものです。随分昔に読んだのですが、もう一度読みたいなあと。この安倍公房という作家の作品はユーモアのセンスがある方ならきっとハマるはずです。たとえば「男はつらいよ」が面白いと思う方にはおすすめです。

慧眼にも安部公房氏が描いた予言の書でもあるように思える。 『魔法のチョーク』では、壁の絵に収まったアルゴン君が 「世界をつくりかえるのは、チョークではない」と呟き 壁の絵となった彼の目から一滴の泪がこぼれ落ちる、というところで終わる。

レジュメ(アップロードページ) 年表、時代からの考察 安部公房(1924-1993) 幼少期を 帰国、現成城大学入学 1940 戦下のため繰上げ卒業、東大医学部入学 1943 結婚、詩集を自費出版 1...

久しぶりに安部公房の『壁』を読もうとしたら、新潮文庫で改版が出版されていることに気がつき、フォントなどを大きくしたくらいだと思っていたら、目次から変わっていた。まずは旧版の目次を書き出してみる。序(石川淳)壁S・カルマ氏の犯罪赤い繭洪水魔法のチョーク事業バベルの塔 ...

ちょっと読んで、よくわからないのです。最後、アルゴン君は死よりも強いなにものかに招かれて、壁に吸い込まれていった。壁の中から「世界をつくるのはチョ-クではない」という呟きが聞こえた。壁の上に一滴の涙は絵になったアルゴン君

安部公房は砂の女でお世話になって以来、久しぶり。読書友達に借りたので、久しぶりにお目にかかりました。シュルレアリスム。ぐるぐる不規則に振り回されるような世界観は、日本語なのに、海外で出会う新しいお酒みたい。翻弄されて、夢なのか小説なのか何度も曖昧な境界線を行ったり ...

壁 (新潮文庫)/安部 公房¥515Amazon.co.jp安部公房『壁』(新潮文庫)を読みました。「死刑って書かれたんだろう。同じことさ。こういう具合に・・…

アルゴン 安部公房 ⭐ LINK ✅ アルゴン 安部公房

Read more about アルゴン 安部公房.

9
10
11

Comments:
Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Calendar
MoTuWeThFrStSu