オンブレ 村上 春樹

オンブレ 村上 春樹

オンブレ 村上 春樹



この小説は、「オンブレ」(スペイン語で男の意味)の異名を持つ西部の男ジョン・ラッセルと駅馬車強盗との息詰まるシーンを始め、西部劇の醍醐味を痛快無比の翻訳で味わうことができます。レナードの世界と村上春樹の世界が共振する新鮮な一冊です。

AmazonでLeonard, Elmore, レナード, エルモア, 春樹, 村上のオンブレ (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。Leonard, Elmore, レナード, エルモア, 春樹, 村上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またオンブレ (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

文庫. オンブレ エルモア・レナード/著、村上春樹/訳 発売日 2018年2月 1日 605円(定価)

レナードの初期傑作二作品を、村上春樹が痛快無比に翻訳! オンブレ / レナード,エルモア【著】〈Leonard,Elmore〉/村上 春樹【訳】 - 紀伊國屋書店ウェブストア

 · オンブレ (新潮文庫) 著者 エルモア・レナード (著),村上春樹 (訳) 「男(オンブレ)」の異名を持つ西部の男ジョン・ラッセル。幼少期をアパッチに育てられた伝説の男と悪党たちが、灼熱の荒野で息詰まる死闘を繰り広げる!

村上春樹がエルモア・レナードを訳す、しかもそれがなんと西部劇、と二重に驚かされた本書。訳者あとがきで述べられているとおり、ちっとも古びていなくて、実にクールだ。 オンブレ(男)と呼ばれる主人公ジョン・ラッセルの造型がすばらしい。

村上春樹の肝入りで翻訳、刊行されたとのこと . この時期までのレナードの作品は“西部劇”小説 . オンブレとは主人公のことで、スペイン語で単に「男」の意味. あまり西部劇と捉われずに読み始めても大丈夫

標題の村上春樹の訳なる『オンブレ』を読んだ。春樹本は初めて手にした。新潮文庫で西部物というのが、手にしたきっかけだ。 なぜ、村上春樹が西部物をとの疑問からでし…

西部劇は見ないし、男くさいハードボイルドものは苦手だ。だから、『オンブレ』を手に取ったのも、「村上春樹が翻訳した作品だしな。読んでおかないとな。しょうがないな」という感じだった。(ものすごく失礼ですね、申し訳ございません)幼少期を「アッパチ」と呼ばれるインディアン ...

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年 1月12日 - )は、日本の小説家、文学 翻訳家。. 京都府 京都市 伏見区に生まれ、兵庫県 西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。 1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。 1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年 ...

オンブレ 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ オンブレ 村上 春樹

Read more about オンブレ 村上 春樹.

9
10
11

Comments:
Guest
The difficulties of life are intended to make us better, not bitter.
Guest

Give what you have; to some it may be better than you dare to think.

Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu