ギムレット 村上 春樹

ギムレット 村上 春樹

ギムレット 村上 春樹



翻訳ものはとりあえずやめておくと書いたけれども、最近、レイモンド・チャンドラーの『長いお別れ/ロング・グッドバイ』を読んだので、覚書。『長いお別れ/ロング・グッドバイ』としたのは、つまるところ、清水俊二氏の訳と村上春樹氏の訳と両方を読んだのである。

この女性は、村上春樹が今までに浴びせられてきた、 「薄情で強烈な批判」 を表しているのだろう。 彼は、名前も顔も知らない、自分にとっては関わりのないような人から、あらゆる理不尽な誹謗中傷を …

ハードボイルド小説・レイモンド・チャンドラー著『長いお別れ』 (村上春樹訳版は『ロング・グッドバイ』)。「本当のギムレットはジンとライムジュースを半分ずつ、他には何も入れないんだ」というセリフが有名です。このセリフに隠された本当の理由、あなたはご存知ですか?

村上春樹作品にはたくさんのお酒が出てきます。かつて村上さんはジャズバーを経営してたこともあって、その種類は豊富。今回はそんな村上作品に出てくるカクテルを紹介します。秋の夜に読書をしながら飲むのにぴったりのお酒。豆知識や作り方もあるので、村上作品との飲み合わせを ...

 · バーでウオッカ・ギムレットを飲みながら読書にふけっていた主人公が、50歳前後の女性に鋭い一言を浴びせられる。 ... 「一人称単数」村上春樹 ...

村上春樹の最新短編集『一人称単数』の読書会に参加しました。光文社古典新訳文庫の元編集長である駒井稔さんを迎えて開催され、参加者も春樹マニアと言えるくらいに読みこまれている方が多く、たいへん刺激的な会でした。 一人称単数 (文春e-book) 作者:村上 春樹 発売日: 2020/07/18 メディア ...

ギムレットには早すぎる: レイモンド・チャンドラーの代表作『長いお別れ(清水俊二訳)』=『ロング・グッドバイ(村上春樹訳)』に重要な小道具として登場するギムレット。 物語の序盤、店を開けたばかりの静かなバー。

ハードボイルド小説や村上春樹の訳での刊行、三谷幸喜氏の映画と。 さりげなく読んでる観てる方も多いかと思いますが、 そんな話が好きな女性と語り合いながら、ギムレットを楽しむのもいい夜かもしれませんね。 「ギムレットには早すぎる」

ギムレットの意味を知っている人にとっては、深みのあるセリフ。 同書はあの村上春樹の翻訳版が出版されているため、文学好き、お酒好きで気になる人は調べてみるといいでしょう。

村上春樹お得意の、 リアリティを持った架空の話 。 主人公が大学生の頃に書いたレコードの批評である。 レコードはジャズで有名なバード=チャーリー・パーカーが1963年に録音した『チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ』である。

ギムレット 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ ギムレット 村上 春樹

Read more about ギムレット 村上 春樹.

8
9
10
11

Comments:
Guest
Four be the things I am wiser to know: idleness, sorrow, a friend and a foe.
Guest

Another reason you can't take it with you--it goes before you do.

Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Calendar
MoTuWeThFrStSu