ドイツ 多和田葉子

ドイツ 多和田葉子

ドイツ 多和田葉子



多和田 葉子(たわだ ようこ Yoko Tawada、1960年3月23日 - )は、日本の小説家、詩人。

初回は日本語とドイツ語で創作するドイツ・ベルリン在住の多和田葉子さん(59)。 ノーベル文学賞に最も近い日本人の一人、との評価もある ...

多和田葉子のプロフィール:1960(昭和35)年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1982年、ドイツ・ハンブルクヘ。ハンブルク大学大学院修士課程修了。1991(平成3)年『かかとを失くして』で群像新人賞、1993年『犬婿入り』で芥川賞、2000年

日本語とドイツ語で執筆活動を続けるドイツ在住の作家、多和田葉子が世界的に注目を集めている。2016年にドイツの文学賞・クライスト賞、18年 ...

【nhk】おととし全米図書賞を受賞し、ノーベル文学賞の候補と目されるようにもなった作家の多和田葉子さん。30年以上にわたってドイツで ...

 · 』こう語るのは、作家の多和田葉子さんです。 ドイツを拠点に30年以上にわたって活動を続け、境界や分断をテーマに数々の作品を送り出してき ...

 · 多和田 葉子 たわだ・ようこ(1960年3月23日 - )小説家、詩人。東京都中野区生まれ。早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。西ドイツ・ハンブルク大学大学院修士課程修了。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。1982年からドイツ在住。19

『雪の練習生』に登場するホッキョクグマ、クヌートがかつて飼育されていた「ベルリン動物園」をあとにし、クヌートの標本を見るために「ベルリン自然史博物館」に向かう多和田葉子と米「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」の記者。1982年からドイツに拠点を置いて執筆活動を続ける ...

 · 多和田葉子がドイツの修道院に滞在したときの経験をもとに書かれた小説『尼僧のキューピッドの弓』本作は紫式部文学賞を受賞した意欲作です。 主人公である日本人の「わたし」は1000年の歴史を持つドイツの尼僧修道院を訪れます。

 · 多和田葉子さんがドイツ文学の翻訳やドイツ語で詩集や書籍を20冊以上出版されているのも、お父さんの影響を大きく受けているのだろうと思われます。 スポンサーリンク. 多和田葉子の経歴やプロフィールについて調査! 多和田葉子のプロフィール

ドイツ 多和田葉子 ⭐ LINK ✅ ドイツ 多和田葉子

Read more about ドイツ 多和田葉子.

7
8
9

Comments:
Guest
Contentment is contagious.
Guest

Talk is cheap, until you talk to a lawyer.

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu