ネクロフィリア 川端 康成

ネクロフィリア 川端 康成

ネクロフィリア 川端 康成



『眠れる美女』(ねむれるびじょ)は、川端康成の中編小説。全5章から成る。「魔界」のテーマに連なる川端の後期を代表する前衛的な趣の作品で、デカダンス文学の名作と称されている 。 すでに男でなくなった有閑老人限定の「秘密くらぶ」の会員となった老人が、海辺の宿の一室で、意識 ...

ネクロフィリア--川端康成『眠れる美女』(小説) (境界を越えて--恋愛のキーワード集) 城殿 智行 國文學 : 解釈と教材の研究 46(3), 194-196, 2001-02

ネクロフィリア--川端康成『眠れる美女』(小説) 著者: 城殿 智行: シリーズ名: 境界を越えて--恋愛のキーワード集: 出版地(国名コード) JP: 出版年(W3CDTF) 2001-02: NDLC: ZK22: 対象利用者: 一般: 資料の種別: 記事・論文: 掲載誌情報(URI形式) https://iss.ndl.go.jp/books ...

川端康成「眠れる美女」より ネクロフィリアをひとことで説明するのはむずかしい。 まず、人格を剥ぎとり、屍体を完全にフェティッシュなものとみなし、欲望の対象とするフィジカルな行為。

屍姦(しかん)は、死体を姦する(性的に犯す)ことを言う。 広義には死体に欲情する性的嗜好をも指し、死体性愛(屍体性愛、したいせいあい)、死体愛好(屍体愛好、したいあいこう)、ネクロフィリア(necrophilia) とも呼ばれる。 性的倒錯の一つでもある。

川端康成作品における身体表象と自他関係の考察 戦後川端文学、『片腕』と先行研究 先行研究のなかで『片腕』については、超現実的な発想や不気味さ、魔界、エロティシ ズムといった特徴があげられてい …

ネクロフィリア 川端 康成 ⭐ LINK ✅ ネクロフィリア 川端 康成

Read more about ネクロフィリア 川端 康成.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Out of the mouths of babes come things parents never should have said.
Guest

Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.

Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Calendar
MoTuWeThFrStSu