三島 由紀夫 ある 評伝

三島 由紀夫 ある 評伝

三島 由紀夫 ある 評伝



Amazonでジョン ネイスン, Nathan, John, 武彦, 野口の三島由紀夫―ある評伝。アマゾンならポイント還元本が多数。ジョン ネイスン, Nathan, John, 武彦, 野口作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また三島由紀夫―ある評伝もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

タイトル: 三島由紀夫 ある評伝 著者/作家: ジョン・ネイスン 野口武彦 /訳: 出版社: 新潮社: 発行年: 昭和51年(1976)

三島由紀夫の死は社会的行動やその作品から予感されながら、いまなお謎のままである。驚きと衝撃が駆け抜けたあの日、1970年11月25日の記録と三島文学の神秘を鎮魂の思いこめて追想する。

三島由紀夫 ある評伝 新版 ¥ 1,500 ジョン・ネイスン 著 野口武彦 訳 、新潮社 、1976 、255p 、20cm 、1

天ヤケ、シミ有 小口薄いシミ有 カバー汚れ、角イタミ有 帯付き 発送方法:レターパックプラス / 冊数 : 1冊 / 刊行年 : 2000年 / 出版社 : 新潮社 / ページ数 : 346頁 / サイズ(判型): 20cm / ISBN : 4105057022

「三島由紀夫 : ある評伝」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。

新書版三島由紀夫の評伝。今年は三島由紀夫自決から50年である。著者は近畿大学文芸学部教授で、三島由紀夫文学館長。1970年11月25日の時点で15歳。

『芸術断想』(げいじゅつだんそう)は、三島由紀夫の評論・随筆。三島が鑑賞した能、歌舞伎、戯曲、映画、オペラ、バレエなどの様々な評論と、それにまつわる芸術論を綴った随筆である。 時にはその鋭い美的鑑賞眼で、俳優の演技や演出について辛辣に批評している。

本書は、三島由紀夫が「私の行動の理由がすべて書いてある」と繰り返しアピールするこの『太陽と鉄』を後半に収録する。 本人自ら語る「バカなこと」「私の行動」とは、文壇の寵児ともてはやされた彼が30歳の時に突如始めた「ボディ・ビル」のことで ...

三島の死後、1974年に三島の伝記"Mishima: A Biography"を刊行。 1976年 に 新潮社 から 野口武彦 による邦訳『三島由紀夫―ある評伝』が上梓されたが、三島の 同性愛 に深く踏み込んだ内容が未亡人 瑤子 の怒りに触れて絶版に追い込まれた。

三島 由紀夫 ある 評伝 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 ある 評伝

Read more about 三島 由紀夫 ある 評伝.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Guest

If at first you do succeed, hide your astonishment.

Guest
Better to be square than to move in wrong circles.
Calendar
MoTuWeThFrStSu