三島 由紀夫 産経 新聞

三島 由紀夫 産経 新聞

三島 由紀夫 産経 新聞



東日本国際大准教授・先崎彰容昭和45年7月7日、サンケイ新聞(当時)夕刊に、ある記事が掲載された。「果たし得ていない約束-私の中の二十五 ...

作家の三島由紀夫(1925~70年)が昭和45年11月25日、東京・市谷の陸上自衛隊東部方面総監部で自決してから間もなく50年に ...

 · 能を解体し再構築、続けたい昭和を代表する作家、三島由紀夫(1925~70年)は優れた劇作家でもあった。作品は、国内外の舞台で度々上演されてきた。三島戯曲の中で最…

闊達な論客「知的刺激受けた」古典的な様式美と批評精神に満ちた独自の文学世界を築いた作家、三島由紀夫(1925~70年)が自ら命を絶ってから25日で50年になる。

 · 2020.11.24 17:17 【五輪を語る 産経新聞特別記者・佐野慎輔】壮絶自死から50年、三島由紀夫の五輪原稿に深い感慨

三島は自決の4カ月前に将来の日本について「無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目(ぬけめ)がない、或(あ)る経済的大国が極東の一角に残るのであろう」との文章をサンケイ新聞(現・産経新聞)に寄稿した。

 · 作家の三島由紀夫が東京・市ケ谷の自衛隊駐屯地で割腹、自決してから45年経った。三島はその4カ月前に産経新聞に寄稿し、「このまま行ったら ...

ironna編集部 イデオロギー 文化 政治 作家、三島由紀夫が割腹自殺したのは1970年。そして2020年、あの衝撃的な事件から50年目を迎えた。三島の作品や思想は良くも悪くも世代を超え、多大な影響を与えてきたが、半世紀前、しきりに憂いた現代の日本を彼はどう見ているだろうか。

三島事件(みしまじけん)とは、1970年(昭和45年)11月25日に、作家・三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹 自殺をした事件である。 三島が隊長を務める「楯の会」のメンバーも事件に参加したことから、その団体の名前をとって楯の会事件(たての ...

果し得ていない約束―三島由紀夫が遺せしもの井上豊夫コスモの本たまたま古書店で、井上豊夫著『果たし得ていない約束』(コスモの本)という本を手にした。著者は元「盾の会」の副班長である。本のタイトルにもなっている三島の「果たし得ていない約束」というエッセイが印象に残った ...

三島 由紀夫 産経 新聞 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 産経 新聞

Read more about 三島 由紀夫 産経 新聞.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.
Guest

In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world

Guest
Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.
Calendar
MoTuWeThFrStSu