三島 由紀夫 産経 新聞

三島 由紀夫 産経 新聞

三島 由紀夫 産経 新聞



東日本国際大准教授・先崎彰容昭和45年7月7日、サンケイ新聞(当時)夕刊に、ある記事が掲載された。「果たし得ていない約束-私の中の二十五 ...

 · 三島由紀夫の遺作となった長編、4部作の「豊饒(ほうじょう)の海」では、重要な場面の舞台に奈良が選ばれている。昭和40年代、三島は執筆の ...

なぜ三島由紀夫は市ケ谷の自衛隊駐屯地で武士道の作法にのっとり自刃することができたのか。50年前に起きた衝撃的事件の闇に光を当てる労作 ...

 · 今年は作家、三島由紀夫(1925〜70年)の没後50年。その節目の年に、2つの才能の邂逅によって生まれたバレエ作品「M」が、10年ぶりに上演される。三島作品に刺...

 · 三島由紀夫の遺作となった長編、4部作の「豊饒(ほうじょう)の海」では、重要な場面の舞台に奈良が選ばれている。昭和40年代、三島は執筆のために何度も奈良に足を運び...

三島由紀夫愛読の東出昌大 尊敬するから「勝負の公演」 (2020/9/19) 東出昌大は、少年時代から三島由紀夫を愛読していたという。三島の小説や ...

ironna編集部 イデオロギー 文化 政治 作家、三島由紀夫が割腹自殺したのは1970年。そして2020年、あの衝撃的な事件から50年目を迎えた。三島の作品や思想は良くも悪くも世代を超え、多大な影響を与えてきたが、半世紀前、しきりに憂いた現代の日本を彼はどう見ているだろうか。

三島事件(みしまじけん)とは、1970年(昭和45年)11月25日に、作家・三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹 自殺をした事件である。 三島が隊長を務める「楯の会」のメンバーも事件に参加したことから、その団体の名前をとって楯の会事件(たての ...

 · 作家、三島由紀夫が亡くなってから今年の11月で50年になる。「源氏物語」などの王朝文学にも影響を受けた優雅さと、一言一句を緻密に積み上げた繊細さを備えた作品は、…

果し得ていない約束―三島由紀夫が遺せしもの井上豊夫コスモの本たまたま古書店で、井上豊夫著『果たし得ていない約束』(コスモの本)という本を手にした。著者は元「盾の会」の副班長である。本のタイトルにもなっている三島の「果たし得ていない約束」というエッセイが印象に残った ...

三島 由紀夫 産経 新聞 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 産経 新聞

Read more about 三島 由紀夫 産経 新聞.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.

Guest
The best attitude to have it gratitude.
Calendar
MoTuWeThFrStSu