三島 由紀夫 金閣寺 本文

三島 由紀夫 金閣寺 本文

三島 由紀夫 金閣寺 本文



『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である 。 金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語で ...

金閣寺 ( きんかくじ ) ―放火事件を題材とした告白体による名作― 三島由紀夫(1925~70)の長編小説。 1956年(昭和31)、新潮社から刊行。 1950年に起こった金閣寺放火事件を題材にした作品。

一九五〇年七月一日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み――ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美

このページでは『金閣寺/三島由紀夫【あらすじ・解説・簡単な要約・読書感想文】』を、”短く・わかりやすく” まとめています。実際にあった金閣寺放火事件をもとに描かれた、三島由紀夫の代表作をどうぞお楽しみください!

金閣寺 (小説) 金閣寺 (小説)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動金閣寺The Temple of the Golden Pavilion金閣寺の雪景色(京都市)作者三島由紀夫国 日本言語日本語ジャンル長編小説発表形態雑誌掲載 …

1950年7月、ある一人の僧侶の放った炎によって金閣寺が全焼しその他文化財6点も失われるという衝撃的なニュースが日本全国を駆け巡った。 この金閣寺放火事件は多くの小説家達に多大な影響を与え想像を駆り立てた。そしてその動機を探った。日本を代表する文豪三島由紀夫もその一人で ...

三島 由紀夫 金閣寺 本文 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 金閣寺 本文

Read more about 三島 由紀夫 金閣寺 本文.

5
6
7

Comments:
Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Guest

Love conquers all, except poverty and toothache.

Guest
The biggest problem with perfection is what to do with all the unused erasers
Calendar
MoTuWeThFrStSu