三島 由紀夫 wiki

三島 由紀夫 wiki

三島 由紀夫 wiki



三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威〈ひらおか きみたけ〉、1925年〈大正14年〉1月14日 - 1970年〈昭和45年〉11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型 、身長は163cm 。

戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である 。『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたテレビ番組に初めて出演した日本人でもある 。

戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である 。『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたテレビ番組に初めて出演した日本人でもある 。

三島事件(みしまじけん)とは、1970年(昭和45年)11月25日に、作家・三島由紀夫が、憲法改正のため自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹自殺をした事件である。三島が隊長を務める「楯の会」のメンバーも事件に参加したことから、その団体の名前をとって楯の会事件(たてのかいじけん)とも呼ばれる 。

『檄』(げき)は、三島由紀夫の最後の声明文。1970年(昭和45年)11月25日、陸上自衛隊 市ヶ谷駐屯地内の東部方面総監室を占拠後(三島事件)、バルコニーから演説する際に撒布されたもの 。 原稿用紙にして9枚ほどの長さの10段落の文章で、b4の紙2枚に三島の肉筆でびっしり書かれている 。

三島由紀夫文学館(みしまゆきおぶんがくかん)は、山梨県 南都留郡 山中湖村平野の山中湖文学の森公園 内にある文学館 。 三島由紀夫唯一の文学館として、1999年(平成11年)7月3日に開館した。 公的機関での三島資料の保存・利用を希望する三島の遺族の意向と、「山中湖文学の森公園 ...

三島由紀夫賞(みしまゆきおしょう)は、作家・三島由紀夫の業績を記念し新潮社の新潮文芸振興会が主催する文学賞 。 略称は「三島賞」。新潮社は新潮社文学賞(1954-1967年)、日本文学大賞(1969-1987年)を主催してきたが、それに代わるものとして、三島没後17年の1987年(昭 …

『命売ります』(いのちうります)は、三島由紀夫の長編小説。自殺に失敗した男が「命売ります」という広告を出し、自分の命を捨て売りしてしまおうとする物語。 死ぬことを恐れない主人公と、彼を利用しようとする人間たちとの間に繰り広げられるユーモラスな騒動がハードボイルド調 ...

『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である 。 金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語で ...

三島 由紀夫 wiki ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 wiki

Read more about 三島 由紀夫 wiki.

9
10
11

Comments:
Guest
Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.
Calendar
MoTuWeThFrStSu