井上靖 雪の面

井上靖 雪の面

井上靖 雪の面



Amazonで靖, 井上のわが母の記―花の下・月の光・雪の面 (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。靖, 井上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またわが母の記―花の下・月の光・雪の面 (講談社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

井上 靖(いのうえ やすし、1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日)は、日本の小説家。文化功労者、文化勲章受章。

 · 【無料試し読みあり】わが母の記 花の下・月の光・雪の面(井上靖):講談社文芸文庫)80歳の母を祝う花見旅行を背景にその老いを綴る「花の下」、郷里に移り住んだ85歳の母の崩れてゆく日常を描いた「月の光」、89歳の母の死の前後を記す「雪の面」。

『雪の面』(群像)発表 日本文化財保護審議会委員: 1975年(昭和50年) 68歳 『わが母の記』(講談社)刊行 井上靖文学館で講演: 1976年(昭和51年) 69歳: 文化勲章受章 井上靖文学館で講演 韓国取材 大岡信等と訪中: 1979年(昭和54)年: 72歳

『井上靖自伝的小説集』あとがきより 伊豆・湯ヶ島の旧宅で父母と 1952(昭和27)年頃 『わが母の記』 1964(昭和39)年6月「花の下」、1969年8月「月の光」、1974年5月「雪の面」を『群像』へ発表。 井上57歳から67歳。

概要. 昭和の文豪である井上靖が68歳の時に出版した自伝的小説。老いた母の80歳から亡くなる89歳について書かれた「花の下」(1964年)、「月の光」(1969年)、「雪の面」(1974年)の3部作となっている。 『しろばんば』などに描かれている5歳の時から8年間、伊豆の山奥の土蔵で彼を育てた曽 ...

 · 略歴(1907-1991)井上靖。作家、詩人。北海道旭川市生まれ。九州帝国大学法学部英文科中退。京都帝国大学文学部哲学科卒業。毎日新聞学芸部記者を経て作家になる。1936年「流転」で第1回千葉亀雄賞。1949年「闘牛」で第22回芥川賞。19

著:井上 靖: 発売日: 2012年03月15日: 価格: 定価 : 本体540円(税別) isbn: 978-4-06-277222-8: 判型: a6: ページ数: 224ページ: シリーズ: 講談社文庫: 初出: 1997年7月刊、講談社文芸文庫「わが母の記――花の下・月の光・雪の面――」を底本とし、ふりがなを加えた。

井上靖 (いのうえやすし;1907-1991) 小説家。旭川生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。毎日新聞大坂本社1946(昭和21)年学芸部副部長。 行動的なニヒリストを描く「闘牛」で1950(昭和25)年芥川 …

 · 井上靖は私が最も敬愛している作家の一人です。初めて読んだのが思春期の頃。以来もう何度も反芻するように読み返しております。私の最大の思い出の作と「これこそが井上文学の妙だな」という推薦の書を紹介します。

井上靖 雪の面 ⭐ LINK ✅ 井上靖 雪の面

Read more about 井上靖 雪の面.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.

Guest
It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.
Calendar
MoTuWeThFrStSu