俳人 正岡 子規

俳人 正岡 子規

俳人 正岡 子規



正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日〈慶応3年9月17日〉 - 1902年〈明治35年〉9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。

日本人ならば、一度はその名を聞いたことのある俳人・正岡子規。 その生涯は短く、満34歳という若さでこの世を去りました。 しかし、正岡子規は、現代に至るまで名句とされる俳句を数多く残しています。また、日本を代表する文豪・夏 …

俳人・正岡子規が没 今日は何の日 明治35年(1902)9月19日. 明治35年(1902)9月19日、俳人・正岡子規が没しました。日露戦争が始まる1年半前のことです。俳句をはじめ、短歌、小説、評論など多方面で創作活動を行なった、明治を代表する文学者として知られます。

偉人の肖像写真。大多数は正面を向いている。例外が、明治期の俳人、正岡子規(まさおか・しき、1867~1902年)だ。教科書に掲載されているの ...

俳人蕪村 正岡子規. ... 惜しいかな、蕪村はこれを一篇の長歌となして新体詩の源を開く能わざりき。俳人として第一流に位する蕪村の事業も、これを広く文学界の産物として見れば誠に規模の小なるに驚かずんばあらず。 ...

正岡子規の歴史的な蕪村に関しての俳論を概観でき、子規の思考がよくわかる名作である。この論から近代俳句は出発しているし、現代の俳人にとってもバイブルである。また、蕪村のみならず一茶や芭蕉、その他の江戸期の俳人論も一読する価値がある。

正岡子規. まさおかしき. 近代国家の幕開けとなった明治の前年、正岡子規は生まれた。満年齢は、明治の年号とほぼ一致する。幼少時は、気が弱く臆病者で「青びょうたん」「泣き虫」と冷やかされた。

俳句の神様・正岡子規が人生でつかんだ、明日へのyes!とは? 日本の近代文学に多大な影響を与えた俳人、正岡子規は、1867年10月14日、伊予国温泉郡藤原新町、現在の愛媛県松山市花園町に生まれた。 生まれたのは、明治維新、大政奉還の年。

正岡子規の特徴や人物像 (正岡子規 出典:Wikipedia) 日本人であれば、誰もが一度はその名を聞いたことのある俳人、正岡子規(1867年~1902年)。 本名は正岡常規(つねのり)といい、愛媛県松山市に …

明治の世において、わずか34年という短い生涯の間に、廃れていた俳句や短歌をもう一度普及させるという、俳人としてこの上ない功績を残した正岡子規まさおかしき。 病人でありながら活発で行動的だった彼の過ごした人生は、短いながらに濃厚なもので、特筆すべき出来事にも事欠きません。

俳人 正岡 子規 ⭐ LINK ✅ 俳人 正岡 子規

Read more about 俳人 正岡 子規.

4
5
6
7

Comments:
Guest
Gossip: letting the chat out of the bag.
Guest

Out of the mouths of babes come things parents never should have said.

Guest
It's always a good idea to seek the advice of others, but that doesn't mean you have to take it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu