原 民喜 遠藤 周作

原 民喜 遠藤 周作

原 民喜 遠藤 周作



原民喜の何が周囲に愛され、そして、今なぜまた読まれているのか──。晩年、親交のあった遠藤周作との関係を中心に、著者であるノンフィクション作家・梯久美子さんにお話を聞いた。 Share

原 民喜(はら たみき、1905年(明治38年)11月15日 - 1951年(昭和26年)3月13日)は、日本の詩人、小説家。広島で被爆した体験を、詩「原爆小景」や小説「夏の花」等の作品に残した。

原民喜(左)と遠藤周作(右) 民喜とは昭和23年6月に能楽書林で行われた三田文学の合評会で出会い、以後留学先で民喜からの遺書を受け取るまで、深い信頼と尊敬を寄せる先輩として交流が続いた。

 · 『原民喜 死と愛と孤独の肖像』岩波新書 梯久美子/著 わたしは(幸か不幸か)カトリックの洗礼を受けた人間なので、(好むと好まざるとにかかわらず)キリスト教文学に触れ(させられ)る機会があったが、日本の遠藤周作という人はやはり別格だと思っている。

二十一世紀に贈る遠藤文学の貴重な遺産。批評家として出発した最初の著作「神々と神と」から、「テレーズの影をおって」、先輩作家を論じた「原民喜」など、前期の評論・エッセイ六十五編。

「原民喜」は、遠藤周作が原爆小説「夏の花」などで知られる先輩作家について、思い出を綴ったもの。下手な解説は野暮なので、引用中心に紹介してみる。(ネタバレ、注意…

原 民喜 遠藤 周作 ⭐ LINK ✅ 原 民喜 遠藤 周作

Read more about 原 民喜 遠藤 周作.

3
4
5
6

Comments:
Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Guest

The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.

Guest
One today is worth two tomorrows.
Calendar
MoTuWeThFrStSu