古事 談 清少納言

古事 談 清少納言

古事 談 清少納言



ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 清少納言の用語解説 - [生]康保3(966)頃[没]万寿2(1025)頃平安時代中期の女流歌人。『枕草子』の作者。歌人の家柄に生れ,父は『後撰集』の撰者清原元輔。橘則光,藤原棟世 (むねよ) らと結婚,橘則長,小馬命婦らを産んだと推定される。

清少納言 清女伝説 清少納言(菊池容斎・画、明治時代紫式部の酷評に加え、女の才はかえって不幸を招くという中世的な思想が影響し、鎌倉時代に書かれた『無名草子』『古事談』『古今著聞集』などには清少納言の『鬼の如くな...

『古事談』には、「鬼形之法師」と形容される出家の姿となり、兄・清原致信が源頼親に討たれた際、巻き添えにされそうになって陰部を示し女性であることを証明したという話がある。 また全国各地に清女伝説(清少納言伝説)がある。

鎌倉初期の説話集『古事談』によると、あるとき殿上人が彼女の家の前を通りかかり、思わず「まったくひどい。清少納言も落ちぶれたものだ」と口にしたところ、簾から鬼のような尼の顔をした彼女が「駿馬の骨を買った人もいるよ」と言い返したという。

「男勝りの女性はあまり良くない」という当時の風潮もあり、清少納言の落魄の説話が鎌倉時代以降残っています。なかでも有名な『古事談』は、平安王朝のゴシップ的要素が満載で、彼女もあばら家に住む鬼婆のような形で登場しているのです。

 · 清少納言、零落の後ー「古事談」より(2011.02.13) しやつとしたこそ 人は好(よ)けれ ー閑吟集さんぽ(2011.01.30) 唯(ただ)人は情(なさけ)けあれー閑吟集さんぽ(2011.01.18) 南陽県(なんようけん)の菊の酒(さけ)ー閑吟集さんぽ(2011.01.09)

『古事談』を読む 今回はこの新日本古典文学体系で最後の配本となった『古事談』を取り上げる。これもまた説話集という事になるだろうか。それにしても大部なものである。もっとも続編も収められてはいるが、九百ページを超えるこの書は到底読了はできないがその概要を記しておく。

源頼光朝臣が四天王を遣わせて清原致信(清少納言の兄)を討たせた時に、清少納言も同宿していて、法師に似ていたので一緒に殺そうとしてたところ、清少納言は自分が尼であることを示そうとして、四天王たちに自分の性器を見せた。 『古事談』より。

古事 談 清少納言 ⭐ LINK ✅ 古事 談 清少納言

Read more about 古事 談 清少納言.

7
8
9

Comments:
Guest
Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.
Guest

The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.

Guest
You make more friends by being interested in them than by trying to get them interested in you.
Calendar
MoTuWeThFrStSu