古井 由吉 インタビュー

古井 由吉 インタビュー

古井 由吉 インタビュー



古井由吉ロングインタビュー . 生と死の境、「この道」を歩く. 聞き手:蜂飼 耳. 撮影:水野昭子 ※本インタビューは2019年4月刊「群像」に掲載されたものを再録したものです。

眠れないまま迎える夜明け。降り出した雨を遠くに感じる。梅の匂いが届かない。老いに身を任せた日々が8編に描かれている。古井由吉さん(81)の短編集『この道』(講談社)は、死の影が忍び寄りながらも、泰然としたおおらかさが広がっている。

亡くなった古井由吉さんは、『辻』単行本刊行時に、蓮實重彦さんと「新潮」2006年3月号にて対談をしました。時代をリードしてきた同い年の小説家と批評家でありながら、お二人の対談はこの一度きりです。「新潮」2020年5月号(4月7日発売)の蓮實重彦さんの追悼文にも、この対談の話が出て ...

古井由吉さん「この道」インタビュー 泰然と、老いに身を任せ (2019/2/11) 弱る体と日常 想起される記憶たち 病人を見舞って帰る道のり、春を待ち ...

 · 第2回のゲストは、古井由吉さん(作家)。聞き手は阿部公彦(東京大学文学部准教授)が担当いたしました。 以下、本編90分のダイジェスト版を無料でご覧いただけます。どうぞ、お楽しみ下さい。 1.「小説と歌の力」

二月に八十二歳で亡くなった古井由吉の最後の作品「遺稿」が新潮五月号に載っている。未完に終わったことが無念に思われてなかなか目を通す気持ちになれなかったが、六月になって『古井由吉 文学の奇蹟』(河出書房新社)が出て、末尾に掲載されている古井睿子インタビュー「夫・古井 ...

古井由吉『仮往生伝試文』 今年2月に逝去した文学者、古井由吉は、自らの作品のなかで、人と人との微細な交わりについて書いている。 『仮往生伝試文(かりおうじょうでんしぶん)』という、元々物語の本筋がないといっていい小説の、さらに筋を ...

 · 2月18日、近代日本文学を代表する作家・古井由吉が肝細胞癌のため亡くなった。享年82。古井氏は、1971年、『杳子(ようこ)』で第64回芥川賞を受賞。社会的なイデオロギーから距離を置き、人間の内面を見…

古井由吉さんといえば、日本人でももっともノーベル文学賞に近いうちの1人だと言われてきました。 日本人作家で毎年文学賞の候補に上がる人物といえば村上春樹さんがいます。

古井由吉・島田雅彦 三島由紀夫不在の三十年 35-71 『震災後のことば 8・15からのまなざし』 安泰が続くと言葉が崩れる インタビュー古井由吉 177-220 李 恢成『時代と人間の運命 対論篇』 新しい文学を求めて 阿部昭 古井由吉 鼎談 145-194 ...

古井 由吉 インタビュー ⭐ LINK ✅ 古井 由吉 インタビュー

Read more about 古井 由吉 インタビュー.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.
Guest

You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.

Guest
Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu