古井 由吉 漱石

古井 由吉 漱石

古井 由吉 漱石



Amazonで古井 由吉の漱石の漢詩を読む。アマゾンならポイント還元本が多数。古井 由吉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また漱石の漢詩を読むもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

古井 由吉(ふるい よしきち、1937年 11月19日 - 2020年 2月18日)は、日本の小説家、ドイツ文学者。 いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている 。 代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。

漱石の漢詩は、日本近代文学の比類ない独立峰。作家古井由吉が、漱石文学の精髄を、漢詩に突き止める。日本語の個性とその衰弱は、何に由来するのか。失われた日本語の可能性を照らし出す、漢詩のポ …

古井由吉(著) 「漱石の漢詩を読む」 鷹揚の会: 平成21年5月例会 レポーター: 石川俊文

(漱石こころ100年)生と死の境、若者の葛藤 作家・古井由吉さん (2014/8/5) 長らく続いた江戸の安泰の世の末に、明治維新という生と死の境を ...

『漱石の漢詩を読む』(古井由吉) のみんなのレビュー・感想ページです(9レビュー)。作品紹介・あらすじ:漱石の漢詩は、日本近代文学の比類ない独立峰。作家古井由吉が、漱石文学の精髄を、漢詩に突き止める。日本語の個性とその衰弱は、何に由来するのか。

古井由吉の漱石ベスト3は、 (①草枕 ②道草 ③こころ)あえて挙げるなら 夢十夜 その他小品。 漱石は約100年前にたった生涯の10年くらいをかけて、胃を悪くしながらなんとか書いた。その作品が100年後も読まれ続けている。

2月18日、古井由吉氏が肝細胞がんのため亡くなった。享年82。 古井氏は1937年、東京生まれ。7歳で東京大空襲を経験。60年、東京大学文学部ドイツ文学科卒。金沢大学、立教大学で教鞭をとる傍ら、ドイツ文学の翻訳に携わる。68年、30歳で処女作「木曜日に」を同人誌『白描』に発表。

拙稿「漱石『こころ』」の「2」と「3」で古井由吉氏と大江健三郎氏の対談を紹介しましたが、その後古井氏の岩波文庫『こころ』「解説」を再読し、以下の箇所に目が留まりました。

古井由吉好きに聞きます。ずばり、彼の作品の魅力は何ですか? 前の回答者の方が全て語り切られた感じがしますが(笑)私が思う古井由吉の魅力は1.日本語の特性に極限まで身を委ねた文体2.それによって生 …

古井 由吉 漱石 ⭐ LINK ✅ 古井 由吉 漱石

Read more about 古井 由吉 漱石.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Another reason you can't take it with you--it goes before you do.
Guest

It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.

Guest
No person ever advanced by traveling in reverse.
Calendar
MoTuWeThFrStSu