和歌 紫式部

和歌 紫式部

和歌 紫式部



紫式部と言えば、「源氏物語」の作者として有名ですよね。ですが、それだけではありません。紫式部の和歌は百人一首にも選ばれるほど、素晴らしい才能を持っていました。この記事では、紫式部の百人一首を通して、彼女の和歌の世界をご紹介します。

紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代中期の作家・歌人、女房(女官)。作家としては、日本文学史を代表する一人。正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、天禄元年(970年)から天元元年(978年)の間に生まれ、寛仁3年(1019年)までは存命したとされる 。

『源氏物語』『紫式部集』『紫式部日記』などを著し、『後拾遺和歌集』以下の勅撰集では数十首の歌が採用されている。 また、紫式部の本名は不明であり「 藤原香子 ふじわらのかおるこ 」とする説もあるが、真相は定かではない 。

 · 以前清少納言を「意識高い系ol」なんて揶揄を交えて紹介しました。 →関連記事「清少納言 ~元祖!意識高い系olの可憐なる日常~」 これを頷かせるのは著書「枕草子」で自らが著したエピソードもさることながら、「紫式部日記」に記された一文の影響も多分にあるかと思います。

小倉百人一首の歌人の短歌・和歌集では、小倉百人一首の登場人物である紫式部の歌「めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影」の意味を、現代語訳として解説・紹介しています。

「紫式部集」 群書類従274(第15輯)・桂宮本叢書9・岩波文庫・私家集大成1・新編国歌大観3・和歌文学大系20 春 2首 夏 1首 秋 2首 冬 1首 雑 7首 源氏物語より 7首 計20首

作品集名: 紫式部集 作品集名読み: むらさきしきぶしゅう 作成年月日: 成立年時未詳(※1019年) 場所

 · 紫式部が書いた長編作「源氏物語」 日本の文学作品の中で、これだけ有名な物語はありません。 そして、その「源氏物語」には、物語を美しく彩る和歌が登場します。その数、七九五首。 源氏物語の中で詠まれた、おおよそ八百首もの和歌 …

小野小町、在原業平、紫式部、清少納言、藤原定家――みやびな歴史に名を残す歌人たちの恋物語が、現代によみがえる ...

貴方は、和歌や短歌に興味がありますか?昔の人が、切ない恋を謳った、有名な和歌が多数あります。その中の物を現代語訳したものをご紹介していきます。切ない片思いの和歌や短歌だけでなく、別れの和歌もご紹介していきますので、是非ご覧ください。

和歌 紫式部 ⭐ LINK ✅ 和歌 紫式部

Read more about 和歌 紫式部.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.
Guest

Nature is the art of God.

Guest
The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.
Calendar
MoTuWeThFrStSu