堀 辰雄 芥川 龍之介

堀 辰雄 芥川 龍之介

堀 辰雄 芥川 龍之介



底本:「堀辰雄作品集第五卷」筑摩書房 1982(昭和57)年9月30日初版第1刷発行 初出:「堀辰雄全集 第五巻」新潮社 1955(昭和30)年3月10日 ※底本のテキストは、1929(昭和4)年3月提出の、東京帝国大学文学部国文学科卒業論文によっています。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 堀辰雄の用語解説 - [生]1904.12.28. 東京[没]1953.5.28. 長野,追分小説家。第一高等学校を経て 1929年東京大学国文学科卒業。 23年室生犀星を通じて芥川龍之介を知り深い影響を受け,芥川の自殺の衝撃を卒業論文『芥川龍之介論』 (1929) および『聖家族』 (30) ...

堀 辰雄(ほり たつお、1904年(明治37年)12月28日 - 1953年(昭和28年)5月28日)は、日本の小説家 。

底本:「堀辰雄作品集第五卷」筑摩書房 ... 初出:「帝国大学新聞」 1932(昭和7)年9月26日 ※初出時の表題は「芥川龍之介の書翰に就いて」、その後の刊本においては独自の表題は附せられてないが底本では新潮社元版全集にならって仮題を附した。 ...

芥川龍之介「最後の恋人」とひそかに語られる「文学夫人」の秘められた物語芥川龍之介が「才知の上にも格闘できる女に遭遇した」(「或阿呆の一生」)と書き、菊池寛が「最もすぐれた日本女性」とその才能を絶賛した片山廣子。芥川龍之介が死去したのは昭和2年(1927年)7月24日から90年 ...

「歯車」は1927年(昭和2年)発表の芥川龍之介の短編です。 川端康成や堀辰雄ら名だたる作家が「傑作だ!」と称賛しました。しかし、普通に読むと普通に意味不明です。話らしい話のない、暗く欝々とした、死のイメージに満ちています。

この作品は、堀辰雄が尊敬していた芥川龍之介の死によって製作されました。この最初の文章は、堀自身の体験とも重なっているのでしょう。芥川の死によって、堀の新しい季節が開かれたのでしょうか。 本作の重要なポイントは、九鬼と夫人の関係です。

『聖家族』(せいかぞく)は、堀辰雄の短編小説。師であった芥川龍之介の自殺の衝撃から創作された作品で、文壇で認められた堀辰雄の出世作であり、初期の代表作でもある 。 ある青年が、敬愛する師の死をきっかけに、師の恋人だった夫人と彼女の娘と出会い、師と夫人の関係に、青年 ...

堀 辰雄 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ 堀 辰雄 芥川 龍之介

Read more about 堀 辰雄 芥川 龍之介.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Doing you best is more important than being the best.
Guest

It's easy to tell when you've got a bargain...it doesn't fit.

Guest
Love conquers all, except poverty and toothache.
Calendar
MoTuWeThFrStSu