多和田葉子 東浩紀

多和田葉子 東浩紀

多和田葉子 東浩紀



多和田葉子さん「星に仄めかされて」 インタビュー 多言語のはざまで旅は続く (2020/6/17) コロナ禍で「国境」が再びくっきりと浮かび上がって ...

講談社は純文学の公募新人文学賞「第63回群像新人文学賞」と、評論部門の「群像新人評論賞」の選考結果を発表。文学賞の当選作はなし、優秀作に湯浅真尋さん「四月の岸辺」。評論賞も当選作なし。

ドイツで最も権威ある文学賞、クライスト賞の2016年度受賞者に多和田葉子が選ばれた。ドイツ語作品が対象であるため外国人が受賞するのは異例で、「ユニークなドイツ語の使い方で、新たな表現の可能性を示した」のが受賞理由とされる。

多和田葉子「カール・マルクス通り」 ... 本号掲載の中沢新一と東浩紀の初対談「原発事故のあと、哲学は可能か」は、哲学と原子力の関係に始まり、日本の哲学の過去と未来、そして、有限の脳に規定された人間が無限の世界を思考することの限界と可能 ...

選評 柴崎友香、高橋源一郎、多和田葉子、野崎歓、松浦理英子 〈批評総特集〉 「論」の遠近法 考えることを守る 東浩紀 井筒俊彦――ディオニュソス的人間の肖像 安藤礼二 ふたたび世界へと戻ってくるために――崔実『pray human』論 江南亜美子

【選考委員】東浩紀・大澤真幸・山城むつみ(五十音順・敬称略) 当選作 なし 第63 回群像新人文学賞優秀作「四月の岸辺」ならびに選評は、「群像」7 月号(6 月5 日発売)に掲載いたします。 講談社 広 …

分からない、捉えられない 表題作の「献灯使」のページをめくると、間もなくそれが自分の知るこの世界ではないことが分かる。この物語の主人公らしき義郎がジョギングを──いや、鎖国し外来語が禁じられたこの世界では「駆け落ち」と呼ばれる行為を、借りてきた犬と楽しんでいる ...

雑誌『中央公論』は、日本で最も歴史のある雑誌です。創刊は1887年(明治20年)。『中央公論』の前身『反省会雑誌』を京都西本願寺普通教校で創刊したのが始まりです。以来、総合誌としてあらゆる分野にわたり優れた記事を提供し、その時代におけるオピニオン・ジャーナリズムを形成する ...

多和田葉子著. -- 新装版: 東京 : 青土社, 2007.4: ★早稲田大学2018<国際教養>入試問題出典「カタコトのうわごと」多和田葉子: 914.6 タワ 発注中: 049: 貨幣とは何だろうか: 今村仁司著: 東京 : 筑摩書 …

多和田葉子 東浩紀 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 東浩紀

Read more about 多和田葉子 東浩紀.

8
9
10

Comments:
Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Guest

People with patience put up with people they'd rather put down.

Guest
The best thing you can spend on your children is time.
Calendar
MoTuWeThFrStSu