多和田葉子 susanoo

多和田葉子 susanoo

多和田葉子 susanoo



国際的評価の高い作家の多和田葉子が初の3部作に挑んでおり、第2部が刊行された。若者たちの言語をめぐる旅はデンマークへ。越境の時代を ...

多和田葉子の「星に仄めかされて」(講談社:2020年5月18日第1刷発行)を読みました。「地球にちりばめられて」(講談社:2018年4月24日第1刷発行)に始まる3部作の第2部にあたります。

著:多和田 葉子: 発売日: 2020年05月20日: 価格: 定価 : 本体1,800円(税別) isbn: 978-4-06-519029-6: 判型: 四六変型: ページ数: 354ページ: 初出 『群像』2019年1月号~10月号

 · 新刊『星に仄めかされて』―― この物語はどこから来てどこへ向かうのか。言葉を紡ぎ描く世界が不思議と近い未来を予見する、作家、多和田 葉子にインタビュー ベルリンを拠点とし、ドイツ語と日本語で創作を行う多和田 葉子。2018年は『献灯使』...

 · ドイツ在住で、日本語とドイツ語で小説や詩を発表する多和田葉子さんはノーベル文学賞の予想に名前が挙がる世界的作家。新刊は「こういう ...

2018年の暮れに、多和田葉子『地球にちりばめられて』を読んで、とても面白かったことをここに書いた。そして、その続編として、『星に仄めかされて』が刊行された。嬉しく読む。 (ネタバレありますので未読の方は注意) 前作に出てきた登場人物たちが、一章ずつモノローグを担当するが ...

いま最もノーベル文学賞に近い作家、多和田葉子の新たなる代表作。 三部作サーガの第二巻が登場! Hirukoの失われた国とその言語を探し求め、ヨーロッパを縦横無尽に旅した仲間たち。ようやく同郷人と思われるSusanooを見つけたものの、彼は一言も喋ら ...

ドイツ在住で、日本語とドイツ語で小説や詩を発表する多和田葉子さんはノーベル文学賞の予想に名前が挙がる世界的作家。新刊は「こういう書き出しで書きたいと思って書き始めたらこうなった」と語ります。日本が消えた世界で若者たちが言語を巡る旅をする、愉楽に満ちた物語です。

Amazonで多和田 葉子の星に仄めかされて。アマゾンならポイント還元本が多数。多和田 葉子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また星に仄めかされてもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

この世界は現実なのか、夢なのか。神話や昔話の世界と地続きではあるが、描かれているのは、恐らく遠い未来の話。国も時代も超越した「言葉 ...

多和田葉子 susanoo ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 susanoo

Read more about 多和田葉子 susanoo.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
All the world's a stage, but most of us are stagehands.
Guest

When I can't handle events, I let them handle themselves.

Guest
Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.
Calendar
MoTuWeThFrStSu