太宰 治 ペンネーム

太宰 治 ペンネーム

太宰 治 ペンネーム



太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。 本名は津島 修治(つしま しゅうじ)。左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。戦後は、その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称されたが、典型的な自己破滅型の私小説作家であった 。

太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。 本名は津島 修治(つしま しゅうじ)。左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。戦後は、その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称されたが、典型的な自己破滅型の私小説作家であった 。

(のちの

(のちの

 · 太宰治は1909年、青森で生まれ、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながら、数々の名作を執筆。. 戦後まもなく、1948年に玉川上水で愛人と自殺します。. 代表作は『人間失格』という破滅型の昭和の名作家、太宰治ですが、この「太宰治」という名前は、本名ではなくペンネーム(筆名)です。. 太宰治の本名は、津島修治(つしましゅうじ)と言い、青森の大地主 …

最近、『太宰治・坂口安吾の世界』(柏書房)という本を読みました。 昭和23年発行の雑誌『大映ファン』の「女優・関千恵子の太宰先生訪問記」が収録されていて 「先生のペンネームの由来をお聴かせ下さい」というインタビューに

諸説ある。(1)フランス学者太宰旋門の姓(2)弘前高校時代の同級生太宰友次郎の姓(3)九州は太宰府の太宰をとった(4)津島修治が青森弁ではツスマスンズとしか発音できずなまらずに言える名前として考案(5)『万葉集』の中の「ダザイのゴンノリツ」(6)デカダニズム(退 …

太宰治の本名は津島修治といいます。 筆名の由来については、本人がこう語っているそうです。 「特別に、由来だなんて、ないんですよ。小説を書くと、家の者に叱られるので、雑誌に発表 する時本名の津島修治では、いけないんで、友だちが考へてくれたんですが、万葉集をめくつ て ...

太宰 治 ペンネーム ⭐ LINK ✅ 太宰 治 ペンネーム

Read more about 太宰 治 ペンネーム.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Guest

Doubt your doubts instead of your beliefs.

Guest
Happiness is a way station between too much and too little.
Calendar
MoTuWeThFrStSu