太宰 治 先行 研究

太宰 治 先行 研究

太宰 治 先行 研究



近代文学、特に、太宰治、宮沢賢治を得意とし、梶井基次郎、芹沢光治良、萩原朔太郎をはじめ近代詩人に興味を示し研究を進めている。 写真と車が好きで、日本中を回り近代作家と風土との関わりを探る。

太宰治 作品研究 「無頼派」または「新戯作派」の一人に数えられる太宰は、4回の自殺未遂や自身の生活態度ととも相まって、退廃的な作風にのみ焦点があてられがちだが、『お伽草紙』『新釈諸国噺』「畜犬談」「親友交歓」「...

 · 1 先行研究 文学分析は、通常、読者による購読脳が問題になる。一方、シナジーのメタファーは、作家の執筆脳を研究するためのマクロに通じる分析方法である。基本のパターンは、まず縦が購読脳で横が執筆脳になるLのイメージを作り、次に、各場面をLに読みながらデータベースを作成し ...

太宰治『女生徒』論 ——日記を小説に仕立てるまでのプロセスとモチーフ設定—— 菅原 茉里奈 卒業論文では太宰治の『女生徒』を研究対象 とした。元となった有明日記との比較を通じ、 『女生徒』にしか見られない表現から太宰の意

先行研究では、作品は常に夫と妻の関係から論じられてきた。本論ではこの点を問題視し、「坊や」を中心に据えて読解した。また、太宰の「桜桃」を補助線とした点にも、本論の特徴がある。

太宰治『人間失格』における「幸福」 目次 序章 第一節 初めに 3 第二節 問題提起 4 第一章 女達との関わりから『人間失格』を論じた先行研究 7 第二章 葉蔵と女達① 第一節 葉蔵とツネ子 14

太宰治『人間失格』論 青栁 晴香 , Haruka Aoyagi , 博士前期課程 フェリス女学院大学日文大学院紀要 (21), 12-27, 2014-03

った太宰自身が記されている。5月12 日から6 月2日にかけて、約3週間あまりの間、太宰は津軽半島を 一周してこの作品を書いた。 二つ目は、作品「竹青」を先行研究に取り上げた。ここでは〝太宰治―竹青の文芸的要素について―〟探 っている。

作家・太宰治(1909-1948)とキリスト教の関係については、近年研究が進展しており、太宰は、聖書を真剣に読み込んではいたが、基本的には聖書を福音ではなく律法としてしか理解できなかったことが指摘されている(ex.長部2005)。

太宰治『斜陽』論 教育学研究科 教科教育専攻 国語教育専修 国文学分野 一一GP二〇二 山本 亘 目次 はじめに 第一章 作品について 第一節 初出及び梗概 第二節 作品成立事情 第二章 研究史 第一節 主要先行研究史 第三章 作品の周縁と主題としての「滅び」

太宰 治 先行 研究 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 先行 研究

Read more about 太宰 治 先行 研究.

7
8
9
10

Comments:
Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Guest

People who fight fire with fire usually end up with ashes.

Guest
People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.
Calendar
MoTuWeThFrStSu