安部 公房 三島 由紀夫 対談

安部 公房 三島 由紀夫 対談

安部 公房 三島 由紀夫 対談



 · 昭和45年11月18日、三島由紀夫、死の一週間前の対談(相手、古林尚)

 · Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

著者 安部公房/対談者 石川淳・三島由紀夫・大江健三郎・m.ビュトール・m.フリッシュ・乾孝 ら17名 ; 出版社 新潮社; 刊行年 昭49; 冊数 1; 解説 四六判 241頁 カバー・帯 初版 元値700円 b 帯少痛&背やけ・小口少しみ・値札跡; 在庫 在庫切れ(花木堂書店)

『源泉の感情』(げんせんのかんじょう)は、三島由紀夫の対談集。1952年(昭和27年)から1968年(昭和43年)にかけて雑誌上で行なわれた小林秀雄、大江健三郎、舟橋聖一、安部公房、石原慎太郎、野坂昭如、福田恆存、大島渚、芥川比呂志、テネシー・ウィリアムズ、千宗室、坂東三津五郎 ...

「三島由紀夫」「安部公房」で検索したところ、当館の蔵書には以下の資料に掲載があった。 ①『三島由紀夫と戦後』p210~221に、安部、三島、石川淳、川端康成による対談「われわれはなぜ声明を出したか 芸術は政治の道具か?

 · 小説家の三島由紀夫はアメリカの小説家、ノーマン・メイラーをどう見たのだろうか。三島はノーマン・メイラーについて『対談集 源泉の感情』で言及している。「こんなに自分のことばかり話す男は俺は嫌いだ」三島は安部公房との対談でノーマン・メイラーにつ

 · 批評家の小林秀雄は、三島由紀夫の対談集『源泉の感情』(河出文庫)に収録されている対談「美のかたち」で三島由紀夫と対談し、三島について興味深いことを語っている。「君の才能は怖るべきものだ」小林秀雄は当時話題になっていた三島の『金閣寺』について

 · 小説家の三島由紀夫はアメリカの小説家、ノーマン・メイラーをどう見たのだろうか。 三島はノーマン・メイラーについて『対談集 源泉の感情』で言及している。 「こんなに自分のことばかり話す男は俺は嫌いだ」 三島は安部公房との対談でノーマ...

 · 小説家の三島由紀夫は評論家・思想家の吉本隆明をどう見たのだろうか。三島は吉本隆明について『対談集 源泉の感情』で言及している。「考え方はわりに好き」「これを彼が言うところが面白い」三島は安部公房との対談で吉本隆明について好意的に言及している

阿部公房と三島由紀夫の間には交流があったのでしょうか? ほとんど同時代に生まれた二方は、小説家という共通点を持ちながら、書いているジャンルは全く対極にあるように思います。この二人には何か交流があったのでしょうか?対談本などがあるのなら教えていただきたいです 川端康成 ...

安部 公房 三島 由紀夫 対談 ⭐ LINK ✅ 安部 公房 三島 由紀夫 対談

Read more about 安部 公房 三島 由紀夫 対談.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Guest

One today is worth two tomorrows.

Guest
Nostalgia: Life in the past lane
Calendar
MoTuWeThFrStSu