小説 川端 康成

小説 川端 康成

小説 川端 康成



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

出身。

出身。

『名人』(めいじん)は、川端康成の長編小説。1938年(昭和13年)の6月26日から12月4日にかけて打ち継がれた21世本因坊秀哉名人の引退碁の観戦記を元に小説の形にまとめたもので、川端文学の名作の一つとされている 。秀哉名人没後の翌々年の1942年(昭和17年)から本格的に書き出され、途中の中断を経て十数年がかりで完成と成った 。

Amazonで康成, 川端の川端康成初恋小説集 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。康成, 川端作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また川端康成初恋小説集 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · 川端康成の長編小説で、もっとも評価の高い作品です。 主人公の尾形信吾は、ある時に山の音を聞きます。最初は海の音だろうかと考えていましたが、どうやら違うらしく、「じゃあ耳鳴りか」と頭を振ると音が止んでしまいます。

『古都』(こと)は、川端康成の長編小説。古都・京都を舞台に、生き別れになった双子の姉妹の数奇な運命を描いた川端の代表作の一つ。 京都各地の名所や史蹟、年中行事が盛り込まれた人気作品であるが 、国内より海外での評価の方が高くノーベル文学賞の授賞対象作にもなった 。

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。 愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情 ...

 · 川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い作品です。 雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語。

川端康成の「掌の小説」の詩学 に即して感得される。 姿でもあり、とりわけ描かれた世界の中心的人物や事物のありょうは詩的主観も体験するが、また詩的主観が合一的に観照する世界の世界を虹のごとく瞬時に彩る様相が「純情」である。

小説 川端 康成 ⭐ LINK ✅ 小説 川端 康成

Read more about 小説 川端 康成.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
A handful of patience is worth more than a bushel of brains.
Guest

Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.

Guest
People who fight fire with fire usually end up with ashes.
Calendar
MoTuWeThFrStSu