川端 康成 へ

川端 康成 へ

川端 康成 へ



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

出身。

出身。

川端康成 主要作品 各参考文献内の年譜、経歴内などで言及されている作品を中心に記載。作文・習作箕面山(1911年)読書(1912年1月)友人に登山を勧む(1913年)桃山御陵参拝記(1913年)大正二年と三年(1...

美術人名辞典 - 川端康成の用語解説 - 小説家。大阪生。東大国文科卒。在学中に第六次「新思潮」に参加、菊池寛に認められる。卒業後横光利一らと「文芸時代」を創刊し、新感覚派の作家・理論家として注目された。代表作に『伊豆の踊子』『雪国』『千羽鶴』等があり、日本的抒情 …

川端康成(Wikipediaより) 1968年にノーベル文学賞を受賞した日本有数の文豪、川端康成氏が自ら命を絶ったマンションの一室が事故物件として売り ...

45年前の1972年4月16日、日本人初のノーベル賞作家となった川端康成が、神奈川県逗子市のマンションで自殺しました。遺書はなく、いまも謎とされる自殺の理由。文豪の足跡をたどります。

『名人』(めいじん)は、川端康成の長編小説。1938年(昭和13年)の6月26日から12月4日にかけて打ち継がれた21世本因坊秀哉名人の引退碁の観戦記を元に小説の形にまとめたもので、川端文学の名作の一つとされている 。秀哉名人没後の翌々年の1942年(昭和17年)から本格的に書き出され、途中の中断を経て十数年がかりで完成と成った 。

 · 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

 · 三島由紀夫と川端康成。文豪2人の自殺の原因に「新事実」が浮かんでいる。先月(2019年1月)、スウェーデン・アカデミーが半世紀前のノーベル ...

今週は「川端康成特集」の第二週目です。今回は”東京帝国大学時代を歩く”の第一回目として、東京帝国大学に入学した大正9年9月から大正10年までの2年間を歩いてみます。

23日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に、女優の加賀まりこ(74)が出演。日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した昭和の文豪 ...

川端 康成 へ ⭐ LINK ✅ 川端 康成 へ

Read more about 川端 康成 へ.

6
7
8

Comments:
Guest
Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.
Guest

One-third of the people in this country promote, while the other two-thirds provide.

Guest
Giant oak trees started out as little nuts that held their ground.
Calendar
MoTuWeThFrStSu