川端 康成 スピーチ

川端 康成 スピーチ

川端 康成 スピーチ



『美しい日本の私―その序説』(うつくしいにほんのわたし――そのじょせつ)は、川端康成の評論。1968年(昭和43年)12月10日、日本人として初のノーベル文学賞を授与された川端(当時69歳)が、12月12日にストックホルムのスウェーデン・アカデミーで行われた授賞記念講演において演説した芸術観・文化論である 。

1.基本情報(著者) 川端康成(刊行日) 1969/3/16(概要) 1968年、川端康成は日本人として初のノーベル文学賞を授与され、ストックホルムでの授賞式には紋つき袴の正装で出席、格調高い日本語でスピーチを行い、深い感銘を与えた。

 · 1968ノーベル賞受賞時のスピーチ。川端は「日本の美と私」という題を「美しい日本の私」に変えた。翻訳者サイデンステッカーはJapan the Beautiful and Myself とそのまま訳す。 1968ノーベル賞受賞時のスピーチ。

 · 説明

2020年10月10日 未分類 未分類

メニュー. 川端康成 ノーベル賞 スピーチ 全文

川端康成の「美しい日本の私」を読む これは川端康成が1968年にノーベル文学賞を受賞したときの演説である。 僕はこれを講談社現代新書の古い版でもっている。

川端 康成 スピーチ ⭐ LINK ✅ 川端 康成 スピーチ

Read more about 川端 康成 スピーチ.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.
Guest

The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.

Guest
Forgiveness is like sunshine after a rainy day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu