川端 康成 伊豆

川端 康成 伊豆

川端 康成 伊豆



伊豆、天城湯ケ島温泉の旅館湯本館は、文豪、川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿として有名で、狩野川の川端の露天風呂は日本秘湯を守る会の推薦を受けています。

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている 。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている 。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

伊豆序説 川端康成 昭和六年二月、改造社「日本地理大系」第六巻・中部編より 伊豆は詩の国であると、世の人はいう。 伊豆は日本歴史の縮図であると、或る歴史家はいう。 伊豆は南国の模型であると、そこで私はつけ加えていう。

 · 川端康成の小説「伊豆の踊子」の舞台になっている旧天城トンネル。伊豆で一番有名な名所と言える場所。今も昔と変わらない空間が広がっています。周辺には、伊豆の踊子に因んだ有名な場所も点在。是非、立ち寄りたいお勧めな見所・スポットをご紹介します。

 · 今回は川端康成の『伊豆の踊子』(1926年)の感想です。川端康成といえば1968年にノーベル文学賞を受賞した、世界が認めた日本の文豪です。恥ずかしながら、僕は川端康成がノーベル文学賞受賞者であることすら知りませんでした。

川端康成の代表的短編小説! ノーベル文学賞を受賞された作家で「言葉の天才」とも言われる川端康成。 作品自体は読んでいなくても冒頭部分は知っているという方も多いのではないでしょうか。 特に有名なものを2つ。 『伊豆の踊子』の冒頭。

 · 「伊豆の踊子」は1926年、大正15年の作品、作者の伊豆での旅行体験を元に描かれた小説です。 あらすじ 「私」は伊豆半島旅行で旅芸人(男1名女4名)と同行になります。若い踊り子にほのかな恋心を抱きます。彼らと行動をともにしてゆくなかで、孤児である私の心は癒されます。

川端康成が「ほのぼのとまどかに愛らしい」と表現した=2017年4月2日 伊豆を走るボンネットバス=1976年6月1日 川端康成氏が自殺した逗子マリーナマンション=1972年4月17日

 · 伊豆の旅によって癒されたとはいえ、心に長くあった気持ちは持ち続けていたのでしょう。22歳のころ、川端康成は東京のカフェに努める15歳の伊藤初代に婚約を申し込みます。彼女もまた川端康成と同じく天涯孤独の身でした。

川端 康成 伊豆 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 伊豆

Read more about 川端 康成 伊豆.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
No person ever advanced by traveling in reverse.
Guest

If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.

Guest
No brook is too little to seek the sea.
Calendar
MoTuWeThFrStSu