川端 康成 伊豆 宿

川端 康成 伊豆 宿

川端 康成 伊豆 宿



文豪 川端康成が執筆した宿 湯本館. ようこそ、伊豆・天城湯ケ島温泉、旅館湯本館のホームページへ. 文豪 川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿で、狩野川の川端に位置する宿です。 文学の香りあふれる湯本館にどうぞお越し下さい。

文豪川端康成『伊豆の踊子』執筆の宿 湯本館の施設概要 天城の清流、狩野川に手が届きそうな野趣溢れる野天風呂は貸切で利用可。 多くの文豪達に愛された良い湯と静けさ、旬の料理。

 · 文豪 川端康成 氏 『伊豆の踊子』 執筆の宿 湯ヶ島温泉 湯本館、川端康成 氏 伊豆の踊子 執筆の宿。歴史あふれる当館の100%源泉かけ流しの温泉をお楽しみ下さい。、伊豆箱根鉄道修善寺駅よりバスにて30分、駐車場:有 10台 無料

伊豆の3つ星ホテル「文豪川端康成『伊豆の踊子』執筆の宿 湯本館」をお探しですか?宿泊者の口コミを確認し料金を比較後、Trip.comで部屋タイプを選択して予約を行いましょう。

川端の宿 湯本館は、狩野川のほとりに位置する、文豪川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿です。天城の清流、狩野川に手が届きそうな、野趣溢れる源泉掛け流しの露天風呂です。明治38年創業の文学の香りあふれる湯本館に是非お越しください。

伊豆、天城湯ケ島温泉の旅館湯本館は、文豪、川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿として有名で、狩野川の川端の露天風呂は日本秘湯を守る会の推薦を受けています。

川端康成の「伊豆の踊子」ゆかりの宿として知られ、木造2階建ての本館は創業時のままの古風な佇まいです。 小説「伊豆の踊り子」は川端康成が19歳の時にこの旅館を訪れ、ここで出会った旅芸人との思い出を元に書かれたと言われています。

<川端康成が愛した温泉宿> 大正7(1918)年、19歳の川端が伊豆を旅した時の実体験を元に書かれた『伊豆の踊子』。 この旅以来、川端は湯本館を毎年のように訪れ大正11(1922)年に作品を執筆、半年~1年以上滞在することもあった。

伊豆の踊子の宿、福田家は旧伊豆の国(現伊豆半島)の中央に位置する、天城山中に湧き出る河津温泉郷湯ヶ野温泉に、明治12年(1879年)創業いたしました。 日本初のノーベル文学賞作家・川端康成先生が19歳の時に訪れ、当館を舞台に「伊豆の踊子」を執筆されました。

どうも、Kosakuです。 最近ようやく文庫サイズのブックカバーを購入しました。とても気に入っていて、もう一つ色違いのものを買ってもいいんじゃないかなと思っています。 今回は川端康成『温泉宿』(1929年)の感想です。この作品は新潮文庫版の『伊豆の踊子』に集録されています。

川端 康成 伊豆 宿 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 伊豆 宿

Read more about 川端 康成 伊豆 宿.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Guest

The road to success is dotted with many tempting parking places.

Guest
The difficulties of life are intended to make us better, not bitter.
Calendar
MoTuWeThFrStSu