川端 康成 初代

川端 康成 初代

川端 康成 初代



伊藤 初代(いとう はつよ、1906年(明治39年)9月16日 - 1951年(昭和26年)2月27日)は、川端康成の元婚約者。15歳の時に22歳の川端と婚約し、その1か月後に突然婚約破棄を告げた女性である 。その事件による失意が川端の生涯の転機となり、様々な作品に深い影響を与えたことで知られる 。

川端の永遠に満たされることのなかった青春の幼い愛は、清潔な少女への夢や、聖処女の面影への憧憬を残し、孤児の生い立ちの克服という命題と融合しながら独自の基盤をなして、川端文学の形成に寄与した 。

川端の永遠に満たされることのなかった青春の幼い愛は、清潔な少女への夢や、聖処女の面影への憧憬を残し、孤児の生い立ちの克服という命題と融合しながら独自の基盤をなして、川端文学の形成に寄与した 。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

[川端康成略年譜] [川端康成と伊藤初代の青春1] [川端康成と伊藤初代の青春2] [自伝的作品群の「ちよ物」] [江刺文化懇談会が文学碑を建立] [菊池一夫、小牧正英との縁]

『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている 。 孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女 ...

川端康成は、東大国文科に在学中にカフェーの女給をしていた初代と出会った。一度は結婚の約束をした康成と初代だったが、結局一緒になることはなかった。 残念ながら、江刺を舞台にした作品は見当た …

巻頭時評(2014年回顧)川端康成の未投函書簡の意味するもの――「非常」事件の真相――森本穫川端康成に関心をもつ者にとって、2014年(平成26年)の最大事件は、7月8日から9日にかけてNHKと新聞各紙に公開された、康成の未投函書簡1通と、伊藤初代の書簡10通であった。

菊池氏は川端康成の関係者、伊藤初代の親族にさらに取材を深めた。菊池氏は平成3年に『川端康成の許婚者 伊藤初代の生涯』を出版。これによって岩手県芸術選奨を受賞している。また、平成5年にも『伊藤初代の生涯 続編 エランの窓』 を出版した。

『抒情歌』(じょじょうか)は、川端康成の短編小説。川端が新境地をみせた初期の代表作の一つで、川端の死生観がよく示されている作品である 。 また、川端自身が「最も愛してゐる」作品の一つでもあり 、川端文学の基本的なものを内包している重要作品でもある 。

『名人』(めいじん)は、川端康成の長編小説。1938年(昭和13年)の6月26日から12月4日にかけて打ち継がれた21世本因坊 秀哉 名人の引退碁の観戦記を元に小説の形にまとめたもので、川端文学の名作の一つとされている 。 秀哉名人没後の翌々年の1942年(昭和17年)から本格的に書き出され ...

川端康成の恋人・伊藤初代の生涯について教えて下さい。伊藤初代は12歳くらいでお寺に預けられて子守りをしていたり、13歳でカフェの女給をしていたそうです。 そのカフェで川端康成と出逢って、川端が結婚を申し込...

川端 康成 初代 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 初代

Read more about 川端 康成 初代.

7
8
9
10

Comments:
Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Guest

If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.

Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Calendar
MoTuWeThFrStSu