川端 康成 合掌

川端 康成 合掌

川端 康成 合掌



川端康成『掌の小説』の内に身を潜めてきた読者は、「日向」の男女を、大正十五年に発表された「合掌」の冒頭に接続したいという誘惑から ...

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端 康成『合掌』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

「掌中」「合掌」「車掌」「分掌」など。 『掌の小説』は 「たなごころのしょうせつ」 、上記の新潮文庫では 「てのひらのしょうせつ」 と読む。川端康成が 20代の頃から40年余りにわたって書き続けてきた掌編小説、122編を収録した作品集だ。

川端康成の生き方 ... とめぐりあいつづけて、絶える時がない。今も私は時折寝床のなかで、なんとなく合掌する癖の出ることがあるが、神仏に礼拝するのではなく、やはり感謝に礼拝する思いである。 ...

『掌の小説』(たなごころのしょうせつ)は、川端康成の掌編小説集。 「てのひらのしょうせつ」とルビが付されている場合もある 。 川端が20代の頃から40年余りにわたって書き続けてきた掌編小説を収録した作品集で、1971年(昭和46年)3月15日に新潮文庫より刊行された。

伊藤 初代(いとう はつよ、1906年(明治39年)9月16日 - 1951年(昭和26年)2月27日)は、川端康成の元婚約者。 15歳の時に22歳の川端と婚約し、その1か月後に突然婚約破棄を告げた女性である 。 その事件による失意が川端の生涯の転機となり、様々な作品に深い影響を与えたことで知られる 。

川端康成「葬式の名人」 葛西善蔵「椎の若葉」 葉山嘉樹「淫売婦」 昭和篇1. 昭和篇1は戦前の作品を集めている。僕はこの中の半分くらいしか読んでいないけど、これを選んだ人を信用できる気がする。経験値0でも文学マニアでもない読者向けだ。

川端 康成 合掌 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 合掌

Read more about 川端 康成 合掌.

6
7
8

Comments:
Guest
The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.
Guest

Family reunions sometimes leave us with feud for thought.

Guest
Don't waste time and energy setting your hopes for your children higher than your example
Calendar
MoTuWeThFrStSu