川端 康成 名作

川端 康成 名作

川端 康成 名作



 · 以上、川端康成の珠玉の10作品をご紹介しました。どの作品も人間の機微を見事に捉えた名作です。今の時代はあまり純文学作品が売れないそうですが、読んでみると結構面白いものが多いですよ。特に川端康成の作品は繊細で美しく、それでいて官能的。

『川端康成名作シリーズ』(かわばたやすなりめいさくシリーズ)は、関西テレビ制作、フジテレビ 系列にて1973年 1月7日から4月29日まで毎週日曜21:30〜22:25の『白雪劇場』(小西酒造 一社提供)で放送されたテレビドラマ。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端康成の作品としてはイレギュラーな存在ですが、一読の価値ありの名作です。 以上5作の紹介でした。 川端康成の作品は、日本の美を背景に、人間の感情を巧みに描く、という作品が多くなっています。

『名人』(めいじん)は、川端康成の長編小説。1938年(昭和13年)の6月26日から12月4日にかけて打ち継がれた21世本因坊秀哉名人の引退碁の観戦記を元に小説の形にまとめたもので、川端文学の名作の一つとされている。秀哉名人没後の翌々年の1942年(昭和17年)から本格的に書き出され、途中の中断を経て十数年がかりで完成と成った。 家元制最後の本因坊秀哉の ...

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。

川端康成 明治三十二年(1899年)~ 昭和四十七年(1972年) 川端康成は大阪府大阪市の開業医の家に生まれます。 しかし、康成がわずか1歳の時に父が結核で亡くなり、翌年には母も同じ病気で亡くなってしまいます。

川端康成の『雪国』や『伊豆の踊り子』を読んだものの、どうもピンと来なくて苦手だという方がいるかもしれません。そこで今回は、川端康成の小説がより面白くなる、おすすめの小説を5作ご紹介します。

川端は美術品コレクションの優れた目利きでもありました。 2009年に開かれた「川端康成コレクション」展には国宝3点が出展されました。この国宝、いずれも川端が購入後に国宝に指定されています。 中でもお気に入りだったのが「聖徳太子立像」です。

川端 康成 名作 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 名作

Read more about 川端 康成 名作.

5
6
7

Comments:
Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Guest

Four be the things I am wiser to know: idleness, sorrow, a friend and a foe.

Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Calendar
MoTuWeThFrStSu