川端 康成 文

川端 康成 文

川端 康成 文



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

出身。

出身。

川端康成も「国境のトンネルを抜けると、窓の外の夜の底が白くなった。」を「国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」と短くしている。こうすることで文章に美しさとリズムが生まれる。 2.

公益財団法人川端康成記念会のホームページ。川端康成文学賞の授与、川端康成の作品資料、遣品、愛蔵品等の保存および ...

^ 室生犀星「推薦文」(『川端康成全集』新潮社、1959年11月)。川嶋 1969, p. 12、小谷野 2013, p. 489 ^ a b 舟橋聖一「川端さんの寛容」(風景 1961年8月号)。太陽 2009, p. 15 ^ 高戸 1994, pp. 233-234 ^ 山岡荘八「最後の従軍」(朝日新聞 1962年8月6日連載第1回目)

あまりにも有名な上記の文は、川端康成の小説「雪国」の冒頭の一節です。 日本ペンクラブの会長を努め、日本だけでなく世界的にも活躍し、ノーベル文学賞を受賞した川端康成。

川端 康成 文 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 文

Read more about 川端 康成 文.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.
Guest

Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.

Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Calendar
MoTuWeThFrStSu