川端 康成 湯 本館

川端 康成 湯 本館

川端 康成 湯 本館



伊豆、天城湯ケ島温泉の旅館湯本館は、文豪、川端康成が「伊豆の踊子」を執筆した宿として有名で、狩野川の川端の露天風呂は日本秘湯を守る会の推薦を受けています。 ... 〒410-3206 静岡県伊豆市湯ケ島 1656-1. 電話番号 0558-85-1028.

文豪川端康成『伊豆の踊子』執筆の宿 湯本館の施設概要 天城の清流、狩野川に手が届きそうな野趣溢れる野天風呂は貸切で利用可。 多くの文豪達に愛された良い湯と静けさ、旬の料理。

川端康成ゆかりの宿として、彼が一高生(現在の東大教養学部)の時に宿泊した湯ヶ野温泉の「福田屋」と「伊豆の踊り子」を執筆した湯本館がある。彼はこの旅館が気に入って亡くなる寸前まで定宿にしていたそうだ。

川端康成をはじめ、梶井基次郎や若山牧水、井上靖など名だたる文人たちが愛した風情ある湯の里で、時を忘れてゆるりと過ごしたい。 (左)湯ヶ島から天城峠に向かう途中にある、美しい浄蓮の滝 (右)天城山隧道の中はひんやりとし、踊子の世界に ...

川端康成さんが逗留した部屋が今も残る。 湯本館はかなりその部分を推している。 自分達が宿泊する部屋の前にまず. この部屋に案内されて話を聞いた。 それ程川端康成さんと繋がりが深い宿だ。 蔵書もあった。 見たかったけど時間にゆとりが無く

湯本館は川端康成の所縁の宿。 ずっと湯本館に逗留していた。 その部屋のそのまま残されている。 「伊豆の踊子」はこの宿で書かれた。 古い渋い宿。 映画関係の写真が数多く展示してある。 撮影も多く行われたみたいだ。

草津温泉や四万温泉など、全国的にも有名な温泉地がある群馬県。その中でも、今回ご紹介するのは“秘湯”として名高い、法師温泉「長寿館」です。弘法大師によって開かれた温泉地と言われ、与謝野晶子や川端康成などの文人も多く訪れました。実はロケ地としても有名なんですよ。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端康成も入った榧(かや)風呂を満喫! 天城峠を南に越えた湯ヶ野温泉。風情あふれる河津川に架けられた橋の先に「福田家」がありました。川端康成の「伊豆の踊子」ゆかりの宿として知られ、木造2階建ての本館は創業時のままの古風な佇まいです。

→次は「川端康成ゆかりの湯ヶ島温泉(静岡県)」 名作を読んでみよう. 志賀直哉の代表作品 『暗夜行路』 Amazon.co.jpで購入 『和解』 Amazon.co.jpで購入 『小僧の神様 他十篇』 Amazon.co.jpで購入 ※掲載している情報は2009年10月現在のものです。

川端 康成 湯 本館 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 湯 本館

Read more about 川端 康成 湯 本館.

9
10
11
12

Comments:
Guest
Another reason you can't take it with you--it goes before you do.
Guest

If God shuts one door, He opens another.

Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Calendar
MoTuWeThFrStSu