川端 康成 片腕 あらすじ

川端 康成 片腕 あらすじ

川端 康成 片腕 あらすじ



『片腕』(かたうで)は、川端康成の短編小説。ある男が、ひとりの若い娘からその片腕を一晩借りうけて、自分のアパートに持ち帰り一夜を過ごす物語。官能的願望世界を、シュール・レアリズムの夢想で美しく抒情的に描いた作品で、後期の川端の珠玉の短編として知られている 。

片腕/川端康成のあらすじと読書感想文. 2012年3月10日 竹内みちまろ. 片腕/川端康成のあらすじ 「片腕を一晩お貸ししてもいいわ。」と告げた娘は、右腕を肩から外して「私」のひざの上に置きました。

片腕 (小説) 片腕 (小説)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動片腕One Arm作者川端康成国 日本言語日本語ジャンル短編小説発表形態雑誌掲載初出『新潮』1963年8月号-11月号、1964年 1月号刊行新潮社 …

片 腕 川端 康成 「片腕を一晩お貸ししてもいいわ。」と娘は言った。そして右腕を肩からはずすと、それを左手に持って私の膝(ひざ)においた。 「ありがとう。」と私は膝を見た。娘の右腕のあたたかさが …

人の片腕を借りて悦に浸っていると、足もとを掬われかねません。この美しく幻想的な体験で得られるモノこそ、まやかしの取引であると自覚したとき、あなたに残っているものが何か見えてくるでしょう。 川端康成. 1899~1972。

男の片腕をも含めてその意味を考えていくべきなのである。このように、この作品は 片腕を借りた男の死と復活のドラマとして解釈される(略)」7) 4 ) 田口茂 「川端康成 片腕論―作品構造と主題について」、73-83頁 5 ) Keene, Donald, 1984.

川端 康成『川端康成集 片腕―文豪怪談傑作選』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約60件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

川端 康成『片腕』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約3件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

川端康成「片腕」、読了。 川端は、『古都』を大学のときに読んだくらいだったか。あらすじやらなんやらはすっかり忘れていて、ひらがなが多かったなという印象しかない。 『雪国』は読んだはずだが同じく記憶に残っていないし、『伊豆の踊子』『眠れる美女』といった代表作にいたって ...

twitterでminaeさんに江戸川乱歩の「芋虫」を薦めたら川端康成の「片腕」を薦め返された。読んだことなかったのでググる。川端さんは著作権まだ存続してるけど、なんかこれだけ電子化されてたので読んでみた。 で。 ごめんなさい。最高でした。

川端 康成 片腕 あらすじ ⭐ LINK ✅ 川端 康成 片腕 あらすじ

Read more about 川端 康成 片腕 あらすじ.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.
Guest

Success has a simple formula--do your best, and people may like it.

Guest
Doubt your doubts instead of your beliefs.
Calendar
MoTuWeThFrStSu