川端 康成 特徴

川端 康成 特徴

川端 康成 特徴



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。 大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。大学時代に菊池寛に認められ文芸時評などで頭角を現した後、横光利一らと共に同人誌『文藝時代』を創刊。西欧の前衛文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「新感覚派」の作家として注目され、詩的、抒情的作品、浅草物、心霊・神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を持った 。その後は、死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品、連歌と前衛が融合した作品など、伝統美、魔界、幽玄、妖美な世界観を確立させ 、人間の醜や悪も、非情や孤独も絶望も知り尽くした上で、美や愛への転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた 。日本人として初のノーベル文学賞も受賞し、受賞講演で日本人の死生観や美意識を世界に紹介した 。 代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。初期の小説や自伝的作品は、川端本人が登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述している。そのため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明し、研究・追跡調査されている 。 川端は新人発掘の名人としても知られ、ハンセン病の青年・北條民雄の作品を世に送り出し、佐左木俊郎、武田麟太郎、藤沢桓夫、少年少女の文章、山川彌千枝、豊田正子、岡本かの子、中里恒子、三島由紀夫などを後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことも特記できる 。また、その鋭い審美眼で数々の茶器や陶器、仏像や埴輪、俳画や日本画などの古美術品の蒐集家としても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い 。 多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブや国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した。なお、遺書はなかっ …

 · 川端康成の代表作(4)「山の音(やまのおと)」 川端康成の傑作であり、 戦後の日本文学の最高峰に位するもの 、とまで称賛された代表作です。 主人公は、東京の会社の重役である六十代の男・尾形信吾。そして、舞台はその老夫婦が住む家。

^ 川端康成「『悲しみの琴』に献辞」(林房雄 & 1972-03序文)。雑纂1 1982, pp. 186-190に所収 ^ 「川端康成の生と死」(林武 1976, pp. 9-16 ^ 臼井吉見『事故のてんまつ』(筑摩書房、1977年6月)。小谷野 2013, pp. 569-583、森本・下 2014, pp. 593ff.

川端康成(かわばたやすなり)は『伊豆の踊子』『雪国』などの代表作がある日本の作家です。川端は明治32年(1899)6月14日、現在の大阪府・茨木市に生まれ、東京帝国大学(現:東京大学)に入学後は第六次『新思潮』を立ち上げ、作家活動を本格化させます。自然主義に反し感覚を重視する ...

川端康成は日本を代表する小説家の一人です。 特に対象から昭和前後にかけての日本文学を支えた人物であり、1968年にはノーベル文学賞を受賞しています。 国内だけでなく海外でも高く評価された作家で …

新感覚派(しんかんかくは)は、戦前の日本文学の一流派。1924年(大正13年)10月に創刊された同人誌『文藝時代』を母胎として登場した新進作家のグループ、文学思潮、文学形式を指す。おもに、横光利一、川端康成、中河与一、片岡鉄兵、今東光、岸田國士、佐佐木茂索、十一谷義三郎、池谷信三郎、稲垣足穂、藤沢桓夫、吉行エイスケ、久野豊彦らを指すことが多い 。

川端康成はすべてのライターや文筆家の手本となるべき文章を数多く残している。 それでは、川端康成の文学作品から5つの美しい日本語表現を技法ごとに紹介しよう。 1. 「雪国」の詩的短文 『 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

川端康成の特徴 あなたの思う川端康成の作品の特徴を教えてください。 テーマがない。というのがよく言われている特徴 ...

 · 川端康成といえばギョロッとした大きな目が特徴的。 ただでさえギョロ目なのに、子供の頃に盲目の祖父と長年暮らしていたせいか、人の顔をじっと見つめる癖がついてしまったそうです。

川端康成と三島由紀夫の哲学や作風の違い 川端康成の作品の多くはとてもすっきりしない終わり方が多いです雪国にしろ伊豆の踊り子も眠りの美女も古都のいずれを読んでもその先の続きはないの?と思ってしまうほど終わり方に読み手の想像の余地や補助が求められますご自由に想像を ...

川端 康成 特徴 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 特徴

Read more about 川端 康成 特徴.

3
4
5
6

Comments:
Guest
Love conquers all, except poverty and toothache.
Guest

A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.

Guest
A cheerful friend is like a sunny day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu