川端 康成 腕

川端 康成 腕

川端 康成 腕



『片腕』(かたうで)は、川端康成の短編小説。ある男が、ひとりの若い娘からその片腕を一晩借りうけて、自分のアパートに持ち帰り一夜を過ごす物語。官能的願望世界を、シュール・レアリズムの夢想で美しく抒情的に描いた作品で、後期の川端の珠玉の短編として知られている 。

『片腕』(かたうで)は、川端康成の短編小説。ある男が、ひとりの若い娘からその片腕を一晩借りうけて、自分のアパートに持ち帰り一夜を過ごす物語。官能的願望世界を、シュール・レアリズムの夢想で美しく抒情的に描いた作品で、後期の川端の珠玉の短編として知られている 。

(昭和38年)、雑誌『

(昭和38年)、雑誌『

Amazonで川端 康成, 雅夫, 東の川端康成集 片腕―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 康成, 雅夫, 東作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また川端康成集 片腕―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

片 腕 川端 康成 「片腕を一晩お貸ししてもいいわ。」と娘は言った。そして右腕を肩からはずすと、それを左手に持って私の膝(ひざ)においた。 「ありがとう。」と私は膝を見た。娘の右腕のあたたかさが …

川端康成「片腕」論 韓 輝源 日本文学論集 (28), 31-46, 2004-03

川端 康成 腕 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 腕

Read more about 川端 康成 腕.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Guest

People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.

Guest
The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.
Calendar
MoTuWeThFrStSu