川端 康成 舞姫

川端 康成 舞姫

川端 康成 舞姫



『舞姫』(まいひめ)は、川端康成の長編小説。川端が作中で初めて「魔界」という言葉を用いた作品である 。夢を諦めた元プリマ・ドンナの一家の孤独な人間関係を描いた物語。過去の舞姫の母から夢を託された娘、妻の財産にたかっている守銭奴の夫、親や国に対して冷めている息子、優柔不断な元恋人、といった無力感に取り巻かれた関係性の中に、敗戦後の日本で崩壊してゆく「家」と、美や充足を追い求め「乱舞」する人間の永劫回帰の孤独な姿が描かれている …

Amazonで康成, 川端の舞姫 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。康成, 川端作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また舞姫 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配 …

舞台の夢をあきらめた過去の舞姫波子と、まだプリマドンナにならない未来の舞姫品子の母子。もとは妻の家庭教師であり、妻にたかって生きてきた無気力なエゴイストの夫矢木と両親に否定的な息子高男。たがいに嫌悪から結びついているよう

舞姫 (川端康成) 作品評価・研究 『舞姫』は川端文学の中ではあまり注目度は高くはないが、のちの川端の重要モチーフとなる〈魔界〉というものを意識し始めた作品として、言及されることが多い[12]。しかしその主...

川端/康成 1899(明治32)年、大阪生れ。東京帝国大学国文学科卒業。一高時代の1918(大正7)年の秋に初めて伊豆へ旅行。以降約10年間にわたり、毎年伊豆湯ケ島に長期滞在する。菊池寛の了解を得て’21年、第六次「新思潮」を発刊。

 · 川端康成『舞姫』(新潮文庫)を読みました。 タイトルの通り、クラシック・バレエのバレリーナが登場する小説ですが、物語の中心となるのはバレエではなく、崩壊しかかった家族の姿です。また、一種の不倫小説としても読むことができます。

川端康成 『川端康成全集第35巻 雑纂2』 新潮社、1983年2月。 isbn 978-4-10-643835-6。 川端康成 『舞姫』(改版) 新潮文庫、2011年12月。 isbn 978-4101001074。 初版1954年11月。 川端康成 『美しい日本の私―その序説』 講談社現代新書、1969年3月。 ncid bn03433189。

舞姫 / 川端康成 『舞姫』と言えば森鴎外の作品が有名で、かくいうぼくもそれを読むつもりで本屋に出向いたわけですが、買った後に作者が川端康成だったことに気付いて同タイトルの作品を出していたことに驚きつつも読んでみたわけです。

ノーベル文学賞受賞作家・川端康成といえば、『雪国』や『伊豆の踊子』が有名ですが、愛憎劇、官能的かつ変態的な作品など、過激な作品もたくさんあります。ここではそんな川端康成のおすすめ作品を紹介しています。

 · 川端康成 かわばた・やすなり(1899年6月14日 - 1972年4月16日)小説家、文芸評論家。大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル

川端 康成 舞姫 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 舞姫

Read more about 川端 康成 舞姫.

6
7
8

Comments:
Guest
It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Calendar
MoTuWeThFrStSu