川端 康成 落日

川端 康成 落日

川端 康成 落日



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

出身。

出身。

川端康成「落日」論 永福 麻耶 大谷大学短期大学部文化学科紀要 (7), 1-9, 2000-03

川端康成の「落日」を読む。『掌の小説』(川端康成)の中の物語。この物語の主な登場人物は三人。そして小さな子どもたち。三人はそれぞれに「現在」と「過去」と「未来」の上を生きているような気がした。子どもたちには今しかない。

川端康成における遠近法の破壊 : 『落日』『犠牲の花嫁』『抒情歌』『望遠鏡と電話』ほか 川勝 麻里 明海大学教養論文集 : 自然と文化 (24), 29-38, 2013-12

「落日」をめぐって : 大正期の川端康成 武宮 勉 山口国文 1, 19-29, 1978

Check out this great listen on Audible.co.jp. 女は近眼だった――。【4分で味わう文豪の世界】 品格、叙情、エゴ、真情、変態性、エロス、醜、美・・・巨星「川端康成」のあらゆる要素が凝縮された「掌の小説」。40年余の歳月をかけて滴り落ちた掌編をあつめた、文豪の半生ともいうべき122編のうちの1 ...

タイトル: 川端康成「落日」論: 著者: 永福 麻耶: 出版地(国名コード) jp: 出版年(w3cdtf) 2000-03: ndlc: zv1: 対象利用者: 一般

川端の掌編小説. 初期の頃の35編は1926年(大正15年)6月15日に金星堂より刊行の処女作品集『感情装飾』に初収録された 。 その後の1930年(昭和5年)4月7日に新潮社より刊行の『僕の標本室』には、新作を加えた47編が収録され、1938年(昭和13年)7月19日に改造社より刊行の『川端康成選集第1巻 ...

長谷川泉編 『川端康成――その愛と美と死』 主婦の友社〈Tomo選書〉、1978年4月。 NCID BN03243150。 羽鳥徹哉 『作家川端の基底』 教育出版センター、1979年1月。 ISBN 978-4-87365-307-5。 羽鳥徹哉; 原善編 『川端康成全作品研究事典』 勉誠出版、1998年6月。

川端 康成 落日 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 落日

Read more about 川端 康成 落日.

2
3
4

Comments:
Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Guest

The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.

Guest
Tact is the ability to close your mouth before someone else wants to.
Calendar
MoTuWeThFrStSu