川端 康成 雪国 何 月

川端 康成 雪国 何 月

川端 康成 雪国 何 月



『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

 · 日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。川端の数多い著作の中でも、特に『雪国』は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。しかし、「歴史的な小説なのは知っているけ

 · 川端康成「雪国」の簡単なあらすじをご紹介します。物語は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という有名なフレーズから始まります。十二月、島村は雪国に向かって汽車に乗っていました。彼は自由気ままな生活を送っています。

『雪国』を読んだのは高校2年か3年かのころだったとおもう。赤い函に入っていた新潮社日本文学全集の川端康成集だった。2段組だったのが密度があって好きだった。

川端康成『雪国』のあらすじと感想の紹介ページです。ノーベル賞作家の代表作を読んで思うこと、考えたこと。もの凄ささえあるその美しさに圧倒される読書体験です。

 · 川端康成(かわばたやすなり)は『伊豆の踊子』『雪国』などの代表作がある日本の作家です。川端は明治32年(1899)6月14日、現在の大阪府・茨木市に生まれ、東京帝国大学(現:東京大学)に入学後は第六次『新思潮』を立ち上げ、作家活動を本格化させます。自然主義に反し感覚を重視す …

川端 康成 雪国 何 月 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 雪国 何 月

Read more about 川端 康成 雪国 何 月.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.

Guest
Maybe the reason so many folks have their backs to the wall is that they have been putting up too much of a front.
Calendar
MoTuWeThFrStSu