川端 康成 雪国 本文

川端 康成 雪国 本文

川端 康成 雪国 本文



『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。 愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情 ...

 · 【電子書籍を読むならbook☆walker(ブックウォーカー)試し読み無料!】親譲りの財産で、きままな生活を送る島村は、雪深い温泉町で芸者駒子と出会う。許婚者の療養費を作るため芸者になったという、駒子の一途な生き方に惹かれながらも、島村はゆきずりの愛以上のつながりを持とうとし ...

川端康成「雪国」が思考力を養うのに最適な理由 日本語を母語とする人の「落とし穴」

川端康成の小説『雪国』とサイデンステッカーの英訳 ”Snow Country” を教材として、日本語と英語の発想の違いを検証したい。 ちなみに、エドワード・ジョージ・サイデンステッカー(Edward George Seidensticker)は、コロラド州生まれアメリカ人。

今回は『雪国/川端康成のあらすじと要約』です。数ある名作の中でも「雪国」ほど美しい風景描写と、微妙に揺れ動く心理の哀感を表現した作品は他に思い当たりません。最初にまとめも載せているので、ぜひ純白で精錬された川端康成の最高傑作をお楽しみください!

 · 川端康成「雪国」の簡単なあらすじをご紹介します。物語は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という有名なフレーズから始まります。十二月、島村は雪国に向かって汽車に乗っていました。彼は自由気ままな生活を送っています。

川端康成の『雪国』や『伊豆の踊り子』を読んだものの、どうもピンと来なくて苦手だという方がいるかもしれません。そこで今回は、川端康成の小説がより面白くなる、おすすめの小説を5作ご紹介します。

 · (『雪国』より引用) 川端康成の作品を読んだことはないけれど、この書き出しだけなら知っている、という人は多いかもしれません。美しい文章の代表例として、たびたび紹介されるこの一文。もちろん本文も美しく、読みごたえのある作品です。

川端 康成 雪国 本文 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 雪国 本文

Read more about 川端 康成 雪国 本文.

8
9
10

Comments:
Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Guest

It's not only quiet people who don't say much.

Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Calendar
MoTuWeThFrStSu