川端 康成 雪国 本文

川端 康成 雪国 本文

川端 康成 雪国 本文



【「雪国」川端康成】国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、「駅長さあん、駅長さあん」明りを ...

今回は『雪国/川端康成のあらすじと要約』です。数ある名作の中でも「雪国」ほど美しい風景描写と、微妙に揺れ動く心理の哀感を表現した作品は他に思い当たりません。最初にまとめも載せているので、ぜひ純白で精錬された川端康成の最高傑作をお楽しみください!

川端康成の小説『雪国』を翻訳した日本文学者、サイデンステッカーの英訳 ”Snow Country” は名訳だといわれるが…さてどうだろうか。有名な「雪国」の冒…

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。 愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情 ...

川端康成の「雪国」の冒頭なんですが、美しいって具体的にどこを 『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落し...

川端康成の小説『雪国』とサイデンステッカーの英訳 ”Snow Country” を教材として、日本語と英語の発想の違いを検証したい。 ちなみに、エドワード・ジョージ・サイデンステッカー(Edward George Seidensticker)は、コロラド州生まれアメリカ人。

『雪国』を読んだのは高校2年か3年かのころだったとおもう。赤い函に入っていた新潮社日本文学全集の川端康成集だった。2段組だったのが密度があって好きだった。

【ホンシェルジュ】 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

非常/寒風/雪国抄 川端康成傑作短篇再発見 - 川端 康成 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

川端 康成 雪国 本文 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 雪国 本文

Read more about 川端 康成 雪国 本文.

5
6
7
8

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.

Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu