川端 康成 雪国 本文

川端 康成 雪国 本文

川端 康成 雪国 本文



1投稿者:777 投稿日:2015年02月11日(水) 18時28分56秒 川端康成著「雪国」 原文 http://liyijian1989.blog.163.com/blog/static ...

親譲りの財産で、きままな生活を送る島村は、雪深い温泉町で芸者駒子と出会う。許婚者の療養費を作るため芸者になったという、駒子の一途な生き方に惹かれながらも、島村はゆきずりの愛以上のつながりを持とうとしない――。冷たいほどに

川端康成「雪国」について 岡本 満理子 駒沢短大国文 (11), 54-64, 1981-03

【「雪国」川端康成】国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、「駅長さあん、駅長さあん」明りを ...

日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。川端の数多い著作の中でも、特に『雪国』は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。しかし、「歴史的な小説なのは知っているけ

^ 「川端康成氏に聞く(三島由紀夫と中村光夫との座談会)」(三島由紀夫編『文芸読本 川端康成〈河出ペーパーバックス16〉』 河出書房新社、1962年12月)。三島39巻 2004, pp. 379-400に所収 ^ 「『雪国』の旅」(世界の旅・日本の旅 1959年10月・第3号)。

『雪国』を読んだのは高校2年か3年かのころだったとおもう。赤い函に入っていた新潮社日本文学全集の川端康成集だった。2段組だったのが密度があって好きだった。

川端康成の小説『雪国』を翻訳した日本文学者、サイデンステッカーの英訳 ”Snow Country” は名訳だといわれるが…さてどうだろうか。有名な「雪国」の冒…

川端康成著『雪国』の冒頭文は主語が欠落している。 作者である川端康成が書いた文章に主語がないのだから、「その文章に主語は不要」というのが唯一無二の正解だとは思うが、その文章に当てはまる主語がどこかに存在すると仮定して。

45年前の1972年4月16日、日本人初のノーベル賞作家となった川端康成が、神奈川県逗子市のマンションで自殺しました。遺書はなく、いまも謎とされる自殺の理由。文豪の足跡をたどります。

川端康成 雪国 本文 ⭐ LINK ✅ 川端康成 雪国 本文

Read more about 川端康成 雪国 本文.

5
6
7
8

Comments:
Guest
People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.
Guest

Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.

Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu