我と等しき 紀貫之

我と等しき 紀貫之

我と等しき 紀貫之



紀貫之 (きのつらゆき。868?~945) 平安時代最大の歌人で、「古今集」の中心的な撰者であり、三十六歌仙の一人です。勅撰集には443首選ばれており、定家に次いで第2位でもあります。

紀貫之の短歌を掲載するページ ... 色も香も昔のこさににほへどもうゑけん人のかげぞ恋しき. ... 難波潟おふる玉藻をかりそめのあまとぞ我 ...

紀貫之の短歌を掲載するページ ... 我はけさうひにぞ見つる花の色をあだなる物といふべかりけり ... 人知れぬ思ひのみこそわびしけれわが嘆きをば我のみぞ知る. 忍ぶれど恋しき時はあしひきの山より月のいで …

紀貫之家集已下據『歌仙歌集三』刊行年出版社校訂者等不明。解題云如已下自撰の集ありしこと後拾遺集大鏡などにみえたれど今のは少なくとももとのまゝにはあらざるべし

紀貫之という名で結びつく「土佐日記」と「古今集」の安倍仲麻呂の歌に関する疑問は、日本書紀の漢風諡号の撰者淡海三船の著書によって解消されます。 「唐大和上東征伝」(世界大百科事典 第2版の解説) 淡海三船(おうみのみふね)(元開)の著。1巻。

紀貫之をキーワードに和歌とその平仮名表記からみえる日本の時間と空間を研究します。 ... 人はいさ心もしらず我はただいつも今夜の月をしぞおもふ(松永貞徳) 阿古久曽の心も知らず梅の花(芭蕉) ... くしげなる鏡の山を越えゆかむ我は恋しき妹が夢みたり ...

紀貫之、平安中期を代表する歌人(872~945) 小野小町は、いにしへの衣通姫の流なり。あはれなるやうにて、 強からず。言はば、よき女の、悩めるところあるに似たり。強 からぬは、女の歌なればなるべし。(紀貫之)

紀貫之、西行、足利義政。 タイトルに惹かれて 藤田正勝「日本文化をよむ」を読んだ。 5つのキーワードを通じて日本文化の根底に迫る内容だが、 親鸞の部分がなんとなくズレてしまっている印象だった。

紀貫之 0573 世とともに 流れてぞ行く 涙川 冬もこほらぬ みなわなりけり ... 紀友則 0595 しきたへの 枕の下に 海はあれど 人をみるめは おひずぞありける ... 人知れぬ 思ひのみこそ わびしけれ 我がなげきをば 我のみぞ知る 紀貫之 0607 ことにいでて 言はぬ ...

【参考歌】紀貫之「貫之集」 ふりしける雪かと見ゆる月なれど濡れて冴えたる衣手ぞなき 紀貫之「後撰集」 衣手はさむくもあらねど月影をたまらぬ秋の雪とこそ見れ 月影も雪かと見つつ弾く琴の消えて積めども知らずやあるらむ(貫之集)

我と等しき 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 我と等しき 紀貫之

Read more about 我と等しき 紀貫之.

7
8
9

Comments:
Guest
Don't waste time and energy setting your hopes for your children higher than your example
Guest

He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.

Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Calendar
MoTuWeThFrStSu