明月記 紀貫之

明月記 紀貫之

明月記 紀貫之



『明月記』(めいげつき)は、鎌倉時代の公家である藤原定家の日記。治承4年(1180年)から嘉禎元年(1235年)までの56年間にわたる克明な記録である。 別名:『照光記』、『定家卿記』。 2019年日本天文遺産に選定された。

紀貫之の歌については多くの研究が蓄積されており、『古今集』はもとより『貫 研究の一つに小町谷照彦氏の論がある。小町谷氏は三代集の歌枕の表現類型をあら貫之らしさ、あるいは躬恒らしさが析出されてくる場合もある。そうした先駆的な難しい。

藤原定家「明月記」に残る天文の話題と言えば、 超新星爆発に関する記述だが、オーロラに関するものもあるらしい。 建仁四年正月十九日(西暦1204年2月21日)の記述 「秉燭以後、北ならび艮の方に赤気あり。その根は月の出で方の如し。

明月記の超新星爆発. 超新星爆発で貴重な資料といえば、藤原定家の「明月記」。 いい機会なので国会図書館のデータベース を頼りに調べてみた。. 寛喜二 (1230)年十一月一日に、 「廿八日、西方に客星出 …

天文考古学入門桜井 邦朋 Amazonで詳しく見る by G-Tools【 ビーケーワンで見る 】 紀貫之藤原定家 の「明月記」に記された超新星爆発の記録ということで、思い出したので紹介しておく。ただこれまた品切れ重版未定のようではあるけれど。 昔、参考資料として読んだものだけれどいろいろと ...

紀貫之(きのつらゆき)(土佐国の国司) 土佐の国から京都へ帰京する道中の紀行文日記 漢文ではなく、女性著者を装って平仮名で書かれている <御堂関白記(国宝)(世界遺産(記憶遺産))> 藤原道長

また『明月記』は、4月3日の日使頭祭(離宮八幡宮の第一の祭礼)と、4月8日(旧暦)の天神八王子社の祭礼(現在の5月5日(新暦)に神輿を担ぐ酒解神社の祭礼)という二つの大山崎の祭礼を記述する。

 · 2/2 日本天文遺産【 明月記 】平安時代の 超新星の記録・藤原定家の日記 nhk 関西 ラジオ ワイド 2019 07 22 おとなの 教養講座 NHK ラジオ深夜便 ...

歴史と遷宮年表|摂津国一之宮、いのちの根源、海の神、住吉大社の公式ウェブサイト。 住吉大社は、全国の住吉神社の総本社であり、日本を代表する神社の一つです。大阪をはじめ地域の方々からは親しみをこめて「すみよっさん」と呼ばれ、世界中からたくさんの参拝者が訪れます。

明月記 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 明月記 紀貫之

Read more about 明月記 紀貫之.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Gossip: letting the chat out of the bag.
Guest

The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.

Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Calendar
MoTuWeThFrStSu