有島 武郎 白樺派

有島 武郎 白樺派

有島 武郎 白樺派



 · 志賀直哉や有島武郎、武者小路実篤といった文豪たちを中心とする文学の潮流、「白樺派」。その成り立ちや理念、そして「白樺派」に属する作家たちの代表的な作品などについて解説します。

白樺派(しらかばは)は、1910年(明治43年)創刊の文学同人誌『白樺』を中心にして起こった文芸思潮の一つ。また、その理念や作風を共有していたと考えられる作家達のことである。

文学流派。1910年4月,武者小路実篤,志賀直哉,有島武郎らが創刊した同人雑誌《白樺》によった人びと。 木下利玄,郡虎彦,里見【とん】,柳宗悦,有島生馬,長与善郎,岸田劉生,千家元麿,高村光太郎,倉田百三ら。 自然主義に対抗して人道主義,個性主義,理想主義を標榜(ひようぼう ...

白樺派とは。名前の由来や特徴、ゴッホやトルストイとの関係など概要を解説. 1910年4月、学習院出身の武者小路実篤、有島武郎、志賀直哉らによって、文芸雑誌「白樺」が創刊されました。

オーギュスト・ロダン 白樺派とロダン 明治43年(1910年)に発行された同人雑誌『白樺』の第8号は、「ロダン号」と称され、ロダンの特集が組まれている。有島武郎、高村光太郎、永井荷風らがロダン作品の印象を寄稿した。ロダンの生...

白樺派 Shirakaba-ha 狭義には、雑誌『白樺』(1910年4月-1923年8月)の同人、有島武郎、武者小路実篤、児島喜久雄、柳宗悦などからなる、華族および華族に準ずる階層の文学者たちを指す。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 有島武郎の用語解説 - [生]1878.3.4. 東京[没]1923.6.9. 軽井沢小説家,評論家。父が横浜税関長となったため幼時から文明開化の気風になじみ,ミッション・スクールに通って西洋思想を身につけた。学習院を経て札幌農学校に入り (1896) ,のちハバフォード ...

『或る女』(あるおんな)は、有島武郎が大正時代に発表した長編小説。 1911年1月『白樺』の創刊とともに「或る女のグリンプス」の題で連載を始め、1913年3月まで16回続いた。 これは前半のみで、その後、後半を書き下ろしで『或る女』と改題して、1919年叢文閣から『有島武郎著作集』のうち ...

有島武郎『或る女』(新潮文庫)を読みました。 有島武郎は白樺派の作家として有名です。白樺派というのは、雑誌『白樺』の同人を中心とした日本文学の流れの1つで、このブログでも取り上げた志賀直哉や武者小路実篤も参加しています。

おもしろく読んだので、記録しておきます。 副題に「武者小路実篤・有島武郎・志賀直哉を中心に」とあるとおり、トルストイが3人の白樺派作家に、どんな影響を与えたか、について、ていねいに論じている。 有島武郎(ありしま・たけお)の、北海道狩太村の農地解放、武者小路の「新しき ...

有島 武郎 白樺派 ⭐ LINK ✅ 有島 武郎 白樺派

Read more about 有島 武郎 白樺派.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
A dog is the only thing on this earth that loves you more than he loves himself.
Guest

To disagree, one doesn't have to be disagreeable.

Guest
Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu