村上 春樹 大江 健三郎

村上 春樹 大江 健三郎

村上 春樹 大江 健三郎



2018年のノーベル賞が次々に発表されている。例年喧噪を極める村上春樹氏の名前が聞かれないことで、ある種の安堵感を感じている。大江健三郎 ...

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年 1月12日 - )は、日本の小説家、文学 翻訳家。. 京都府 京都市 伏見区に生まれ、兵庫県 西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。 1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。 1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年 ...

村上春樹も大江健三郎の影響を受けて『1975年のピンボール』のような『万延元年のフットボール』のような作品を書いたりしていたし、『ねじまき鳥クロニクル』では日本軍のノモンハン事件の愚かさも書いているのだが、昔から村上春樹も大江健三郎の ...

大江健三郎さんによる谷崎潤一郎賞の選評 きちょうめんな冒険家 - 大江健三郎 ・・・・・・村上春樹氏の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』について、やはり自分なら、ということを考えま …

大江健三郎と村上春樹の作品には無視できない共通性が存在します。 その共通性を最も端的に象徴するのが“四国”というワードです。 初期の村上春樹の作品には、固有の地名がほとんど登場しません。

大江健三郎作品の英訳、ひどい出来だよ。 代表作の一つセブンティーンなんて、勝手に息の長い最終段落をいくつかのパラグラフに分割されてるし いっぽう、村上春樹作品は違和感ない英訳が多い。 ちなみに >>1 は外国語訳で読んでスレ立ててるの?

村上春樹さんの文学は純文学なのでしょうか?それは大江健三郎氏がノーベル文学賞を取れるのに村上春樹氏が何故取れないのか? と言う問題とリンクするかもしれませんが・・・そもそもタイトルで人目を引きつけようとしている時点で大衆文学的手法と言えるかもしれないとは思いますが ...

黒古一夫 村上春樹の「落選」は、大騒ぎするようなことではなく、納得できるものであった―。ノーベル文学賞は作者の文学がどんなメッセージを内包しているかが重要だと考える文芸評論家の黒古一夫が受賞出来ない理由を考察する。 村上春樹の文学はどんな「生きる指針」を示してきたの ...

村上 春樹 大江 健三郎 ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 大江 健三郎

Read more about 村上 春樹 大江 健三郎.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

If God shuts one door, He opens another.

Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Calendar
MoTuWeThFrStSu