村上 龍 横田 基地

村上 龍 横田 基地

村上 龍 横田 基地



村上龍のデビュー出世作。横田基地近くの「ハウス」が舞台。 『blood the last vampire』 ベトナム戦争中の横田基地内のアメリカンスクールが舞台。 『raid on tokyo』 / 『tokyo wars』 小林源文著。在日米軍が撤収した世界で、自衛隊の反乱鎮圧の為と偽って侵攻して ...

村上龍が移り住んだ福生の場所については、「限りなく透明に近いブルー」で福生の横田基地に近いアパートしか分からなかったのですが、「真昼の映像・真夜中の言葉」のなかに、「限りなく透明に近いブルー」の撮影日記が書かれており、その中に ...

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年 2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。 血液型はo型。 長崎県 佐世保市出身。 武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。

村上龍は、72年2月までこの地で暮らすことになる。 ... 当時、横田基地はベトナム戦争への前線補給基地として位置し、福生の街は米兵で溢れた。米軍関係者の居住地区は基地内部だけでは賄えず、外部に拡がり建設ラッシュとなる。

 · アメリカ軍の横田基地がある福生(ふっさ)市を歩くプランです。村上龍の小説『限りなく透明に近いブルー』でも描かれています。基地のある国道16号線には、雑貨やカフェ、ユーズド家具など、さまざまな個性的なお店がならび、どこか外国に来たような錯覚を起こします。

今日は町田の自宅から、仕事で羽村へ行く用事があり、車で出発。朝早かったので、道路はスイスイ。ずっと入っていたら、右手に横田基地が。それとともに、左はまるで沖縄のよう。米軍相手の店がずらりと並んでいました。ああ、基地の街なんだなあと実感。そういえば、村上龍のデビュー ...

村上さんは現在思想社の主宰する美学校に入学しましたが、半年で中退。 当時は横田基地がある東京の福生市でヒッピーのような生活をしていました。 そして村上さんは武蔵野美術大学に 20 歳の時に一般受験で入学しています。

横田基地は「横田めぐみ飛行場」だった! そしてまた最近、Twitter上で新たに驚くべきことが発覚しました。 「平壌」と「横田基地」を結ぶ「直行便」の存在です。 こちらが実際の写真。平壌空港です↓ 確かに電光掲示板に「YOKOTA」と書かかれてありますね。

また同じ昭島市内には、村上龍の小説「限りなく透明に近いブルー」の舞台にもなった米軍横田基地が今も活動しています。 しかし私のような「よそ者」は、基地の名残を単なる珍しい風景としてカメラを向ける対象にしてしまいます。

横田基地のフェンスとジョンソン基地の米軍ハウス。 名の知れたアイコンだけど、実物みたのは初めて。 限りなく透明に近いブルーとか、大滝詠一や細野晴臣とか、なんとなくフィクションの世界だと思っていたけれど、ここ福生や狭山にちゃんと存在し ...

村上 龍 横田 基地 ⭐ LINK ✅ 村上 龍 横田 基地

Read more about 村上 龍 横田 基地.

2
3
4

Comments:
Guest
It is better to hold out a hand than to point a finger.
Guest

Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.

Guest
A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.
Calendar
MoTuWeThFrStSu