松岡 正剛 村上 春樹

松岡 正剛 村上 春樹

松岡 正剛 村上 春樹



1976村上龍『限りなく透明に近いブルー』。村上春樹との二人ムラカミで、いよいよ文学のアメリカ化が始まった。離人症的な文体、あらかじめの喪失感、世界腐食感覚などをもって、よくもわるくもここに接触不可能領域みたいなものが流出し始めた ...

それはそれ、松岡正剛はマスクが嫌い、歩きタバコ大好き派なので、もはや東京からは排除されてしかるべき宿命の持ち主になりつつあるらしい。 ... 日本での爆発はさらに10年ほど遅れて、村上龍や村上春樹に飛び火する。ただし大江健三郎には、この作品 ...

村上春樹作品を初めて読んだのは2005年だった。夏の終り。大学3年、21歳になる少し前だ。「村上春樹」という世界的作家の名前は知っていた。けれど、大学三年の手前までの自分の読書傾向はミステリーやホラーに偏っていて、村上春樹のような「文学作品」ぽく見える――少なくとも当時の ...

松岡正剛氏(編集工学研究所所長、イシス編集学校校長)は、日本の知性を代表する人物である。二〇世紀の半ばを少し回った一九六〇年代から二一世紀の現在に至るまで、出版界、学界、政界、経済界など、知が関係するありとあらゆる場所に松岡氏の影響は及んでいる。

ポール・オースターの名訳で知られる翻訳家・柴田元幸氏へアプローチをかけ、インタビュー集『ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち』(柴田元幸など、アルク)の編集・出版を果たした白川雅敏(44師範)。 本職は、語学出版社の編集者だ。同著のための村上春樹氏への取材は ...

Amazonで松岡 正剛の多読術 (ちくまプリマー新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。松岡 正剛作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また多読術 (ちくまプリマー新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

「松丸本舗」のエントリーでも書いたが、松岡正剛は、自分が20代の頃から読んでいる著者で、自宅の書棚を探せば十数冊は見つかると思う。「探せば」と書いたのは、書棚のあちこちに散らばっているからで、その理由は、著書のジャンルを特定できないからである。読むたびに、その知識の ...

松岡 正剛 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ 松岡 正剛 村上 春樹

Read more about 松岡 正剛 村上 春樹.

4
5
6

Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world

Guest
If television shows continue the way they're going, the public will soon be demanding longer commercials.
Calendar
MoTuWeThFrStSu