柳亭種彦 紫式部

柳亭種彦 紫式部

柳亭種彦 紫式部



柳亭種彦著,歌川国貞画。1829‐42年(文政12‐天保13)刊。刊本全38編。39,40編は草稿だけが残る。略称《田舎源氏》。《源氏物語》の草双紙式翻案。〈偐紫〉は“似せ”あるいは“偽(にせ)”の,つまりまがいの紫式部の戯称。文政(1818‐30)末当時の合巻界に ...

『偐紫田舎源氏』(にせむらさきいなかげんじ)は、柳亭種彦の未完の長編合巻。挿絵は歌川国貞。 文政12年(1829年) - 天保13年(1842年)刊。 大当たりし、14年に渡って執筆し種彦の代表作となったが、作者の筆禍と死去により、第38編(152冊)までに終わった。

著者・柳亭種彦(1783~1842)は旗本の生まれで国学も学んだ人物で、既存の『源氏物語』の注釈書、俗解書などを参考にしながら、歌舞伎・浄瑠璃的な世界を取り入れ、推理小説仕立ての作品として書き上げたのが、この『偐紫田舎源氏』です。

柳亭種彦はこれによる処分がもと(推測)で天保13年に亡くなっている。 死因については病死説、自殺説がある。 本サイトには江戸時代の刊行本のほかに大正9年に名作人情文庫刊行会が発行した新訳本(著作権保護期間終了)も掲載しました。

 · 柳亭種彦は、自ら『偐紫田舎源氏』という作品を書き、 これをまとめて合巻とした。 どんな内容化というと、紫式部が書いた『源氏物語』のストーリーをベースにしながらも「もっとおもしろく、もっとありえそうな話に」変換したもの。

【これ読んだよメモ】柳亭種彦『偐紫田舎源氏(上・下)』(有朋堂書店) タイトルの読み方は「にせむらさき・いなかげんじ」 かの有名な平安時代の女流作家・紫式部の『源氏物語』のパロディ小説です。

「紫式部げんじかるた・若菜上」 『偐紫田舎源氏』による「源氏絵」の作例。 二代目歌川国貞 画。 文政 12年( 1829年 )に刊行された柳亭種彦による長編の合巻『偐紫田舎源氏』は、当時の人々のあいだで人気を博した。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 源氏物語の用語解説 - 平安時代中期の物語。紫式部著。ただし,そのすべてが紫式部の筆に成るのではないとする説もある。 54帖。寛弘 (1004~12) 頃成立か。物語は3部に分けてみることができる。第1部は,容貌,才能などすべてにすぐれた主人公光源氏 ...

紫式部とは、平安時代中期に活躍した歌人であり作家です。世界最古の長編物語である「源氏物語」の作者として、小学生にもよく知られていますね。2000年に発行された二千円札には、紫式部の図柄と源氏物語絵巻の一部が採用されていま ...

古典の最高峰と讃えられ、平安時代から読み継がれている「源氏物語」。この不朽の名作が及ぼした影響は大きく、その後の日本文化の形成に深く関わってきました。ここでは、「源氏物語」の基礎知識と登場人物、そして意外な逸話を解説します。 「源氏物語」とはどんな作品?

柳亭種彦 紫式部 ⭐ LINK ✅ 柳亭種彦 紫式部

Read more about 柳亭種彦 紫式部.

4
5
6
7

Comments:
Guest
It's pretty hard to beat a neighbor who's as generous with his tomatoes as with his zucchini.
Guest

There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.

Guest
Love conquers all, except poverty and toothache.
Calendar
MoTuWeThFrStSu