森谷明子 紫式部

森谷明子 紫式部

森谷明子 紫式部



森谷 明子(もりや あきこ、1961年 - )は日本の小説家、推理作家。 神奈川県生まれ 。 早稲田大学第一文学部卒業 。 2003年、紫式部を探偵役とした王朝ミステリ、『千年の黙 異本源氏物語』で第13回鮎川哲也賞を受賞してデビュー(作品名は、応募当時の『異本・源氏藤式部の書き侍りける物語 ...

白の祝宴 逸文紫式部日記 時は平安。人々の注目を集めるひとりの女性がいた──その名は紫式部。かの『源氏物語』の著者だ。実は彼女は都に潜む謎を鮮やかに解く名探偵でもあった。折しも、帝が寵愛する女性が待望の親王を出産、それを祝う白一色の華やかな宴のさなかに怪盗が忍びこみ ...

Amazonで森谷 明子の白の祝宴 (逸文紫式部日記 )。アマゾンならポイント還元本が多数。森谷 明子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また白の祝宴 (逸文紫式部日記 )もアマゾン配送商品なら …

森谷明子 - 神奈川県生まれ。2003年、紫式部を探偵役にした王朝ミステリ『千年の黙(しじま) 異本源氏物語』で第13回 鮎川哲也賞を受賞しデビュー。卓 越した人物描写とストーリーテリ ングで高い評価 …

Amazonで森谷 明子の白の祝宴 逸文紫式部日記 平安推理絵巻 (創元推理文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

森谷明子 | 2015年07月14日頃発売 | 親王誕生の祝宴に影を落とす、盗賊と呪符の謎。紫式部の勘がますます冴える! 平安時代を舞台に、第13回鮎川哲也賞受賞作家が描きだす雅な王朝推理絵巻、待望の …

 · 白の祝宴 逸文紫式部日記 (創元推理文庫)/森谷 明子(文庫:創元推理文庫) - 時は平安。人々の注目を集めるひとりの女性がいた―その名は紫式部。かの『源氏物語』の著者だ。実は彼女は都に潜む謎を鮮やかに解く名探偵でもあった...紙の本の購入はhontoで。

 · デビュー作にして、私が森谷明子さんの作品を好きになったきっかけの作品。 舞台は平安の都、 『源氏物語』を執筆中の「紫式部」が探偵役 となり日常の謎を解決していくミステリー作品です。 もうこの時点で読みたい欲が掻き立てられませんか?

わー!面白かった。紫式部の時代の登場人物が、こんなにも身近に思えたのは初めてかも。この時代を描くと、思い切り恋に身を焦がすものか権力闘争かと、似たような感じのが多いなか、これは登場人物それぞれの思いも立場もしっくりと腑に落ち、事件その物も納得の結末。

 · 著者「森谷明子」のおすすめランキングです。森谷明子のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:神奈川県生まれ。2003年、『千年の黙(しじま) 異本源氏物語…

森谷明子 紫式部 ⭐ LINK ✅ 森谷明子 紫式部

Read more about 森谷明子 紫式部.

8
9
10
11

Comments:
Guest
The smallest deed is better than the greatest intention.
Guest

If you're looking for a long rest, be on time for an appointment.

Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Calendar
MoTuWeThFrStSu